アンジェイ・ワイダ監督遺作『残像』の公開日&ポスターが解禁!

Afterimage7 2

アンジェイ・ワイダ監督遺作『残像』、6月10日に日本公開!

2016年10月9日急逝した、アンジェイ・ワイダ監督の最新作であり、遺作となった『Powidoki』が邦題を『残像』として6月10日より岩波ホールほかにて全国順次公開されることが決定しました。

アンジェイ・ワイダ監督は大戦中には隣接する大国の思惑に翻弄されたポーランドで実際にレジスタンスとして活動した経験を題材に『世代』(54)、『地下水道』(56)、『灰とダイヤモンド』(58)といったいわゆる「抵抗三部作」で国際的な評価を獲得し、カンヌ国際映画祭で1981年、最高賞パルムドールを受賞し、2000年には米アカデミー賞名誉賞を受賞したポーランド映画の巨匠。

そしてワイダ監督最新作にして遺作となった『残像』は、アヴァンギャルドなスタイルで有名なポーランド人画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描いた物語。

1945年、スターリンがポーランドへと侵略の手を伸ばす中、著名な画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは社会的リアリズムの方針と自身のアートが歩み寄ることを拒否する。そのことから迫害され、大学の教授の椅子から追放され、美術館の壁からも作品は排除された。数名の学生たちの協力を得て彼は党に対して闘いを挑み、文化人の全体主義に対するレジスタンスのシンボルとなった。

スターリンによる全体主義と向き合いながらも、幅広い交流を持ち、創作と美術教育に情熱を注いだストゥシェミンスキ。しかし、政治的な活動を拒否したため迫害され、やがて芸術家としての名声も、尊厳も踏みにじられていく。全体主義に対する芸術家たちによるレジスタンスのシンボルとなった画家の晩年の姿は、ワイダが生涯を通して追求し続けたテーマを凝縮させたかのようであり、まさしく「遺言」と呼ぶにふさわしい一作。

アンジェイ・ワイダ監督遺作『残像』は2017年6月10日より岩波ホールほか全国順次公開です。

ポスタービジュアル

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

Afterimage7-2.jpg
関連記事!