クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』が2017年9月公開決定&特報第二弾も解禁!

Dunkirk

クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』の日本公開が2017年9月に決定し、日本語版特報第二弾&ポスターヴィジュアルが解禁!!

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』、『インターステラー』と常に新しい視点で挑戦し続けるクロストファー・ノーラン監督待望の最新作『ダンケルク』の日本公開が2017年9月に決定。そして特報映像第二弾とポスターも解禁。

『ダンケルク』は第二次世界大戦中の1940年、860隻の船舶で、イギリス軍、フランス軍の兵士約40万人もの命を救った、史上最大の救出作戦「ダンケルク作戦」を描く歴史大作。これまでSFやサスペンスで注目を浴びてきたクリストファー・ノーラン監督が初めて挑む実話スペクタクル。

本作に出演するマーク・ライランスが「これまでになかった展開の素晴らしい映画になる。いきなり観客を戦争のド真ん中へ連れて行く」とコメントするように、いち早く海外で解禁された特報では24時間でYouTube再生回数1,200万以上記録し、その注目度の高さが伺える。

フランス北部海岸都市ダンケルクに残され、ドイツ軍によって完全包囲されてしまった英仏軍兵士40万人。逃げ場のなくなった袋小路で、ドイツ軍による容赦ない空からの一斉攻撃が開始される。行き場をなくしただ殲滅の時を待つだけとなった兵士たちを救うべく、800を超える船が決死の救出作戦に挑む。

約40万人の兵士は、この絶望を乗り越え、愛する祖国に生きて帰還することが出来るのか!?

『ダンケルク』特報第二弾

CG&デジタル嫌いで有名なノーラン監督らしく、本作では全編をIMAX65mmと65mmラージフィルムで撮影。通常のスクリーンでは相当部分が自動的にトリミングされてしまうことになるため、IMAXでの鑑賞が推奨される作品でもあります。

出演陣も豪華で、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディがパイロットを演じ、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランスは船でダンケルクに向かう市民を、名優ケネス・ブラナーは将校役を、そして本作で映画デビューを飾る元ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが若き兵士、ノーラン組の常連キリアン・マーフィーも兵士として出演。

そして撮影は『インターステラー』や『007 スペクター』のホイテ・ヴァン・ホイテマが担当。

数ある2017年公開の話題作のなかでも見逃せない作品のひとつ『ダンケルク』は2017年9月に日本公開(全米7月21日)です。

『ダンケルク』ポスタービジュアル

Txtd Intl Tsr 1sht DNKRK master rev 1

©2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

dunkirk.png
関連記事!