『マイティ・ソー3/Thor: Ragnarok』の公式あらすじが公開!

Thor ragnarok chris hemsworth taika waititi 2

『マイティ・ソー3/Thor: Ragnarok』の公式あらすじ

2017年11月3日に全米公開予定のシリーズ第三弾『マイティ・ソー3/Thor: Ragnarok』の公式シノプシスがマーベル・スタジオから公表されました。『アベンジャーズ』の他の仲間たちの主演作品と比べると興行的には遅れを取っていた『マイティ・ソー』シリーズですが、最新作では監督にニュージランド出身で『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティを抜擢。そしてアスガルドの王子の新たな相棒に選ばれたのはマーク・ラファロ演じるブルース・バナーことハルク。

長く単独主演作品の制作が望まれていたマーク・ラファロ版ハルクが、これまでのMCU作品以上に重要な存在として登場することが期待されます。

なぜ『マイティ・ソー3/Thor: Ragnarok』でソーとハルクがタッグを組むことになるのか? あらすじを読んでみましょう。

マーベル・スタジオが贈る『ソー:ラグナロク(Thor: Ragnarok)』では、主人公ソーは無敵のハンマーを取り上げられた状態で銀河の反対側に投獄されてしまう。そしてソーは新たな強敵である無慈悲なヘラの登場によってアスガルドの人々が築き上げてきた全てを破壊されようとしていること知り、アスガルドを救いラグナロクを止めるためには一刻を争う状況に陥っていた。しかしまず彼は生き残りをかけた剣闘コンテストに参加しなければならず、その相手とはかつての盟友であり仲間でもある、インクレディブル・ハルクだった!

ハルクが宇宙で奴隷となりローマ式剣闘大会に参加させられるというプロットは、噂通りコミックスの『プラネット・ハルク』をベースとしているようです。

図らずも宇宙で何者かに捕まってしまったソーとハルクはお互いが生き残るために戦いを余儀なくされるも、、、、という展開となるのでしょうか?

『マイティ・ソー3』には新ヴィランのヘラ役として出演するケイト・ブランシェットだけでなく、他にもグランド・マスター役でジェフ・ゴールドブラムスカージ役でカール・アーバンヴァルキリー役でテッサ・トンプソンなどが初登場。

そしてベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの参戦も予告されるなど、話題性が文句なしです。

また監督のタイカ・ワイティティとソー役のクリス・ヘムズワースの姿をとらえた写真も公開されています。

シリーズ最新作『マイティ・ソー3』は2017年11月3日全米公開予定です。

Thor ragnarok chris hemsworth taika waititi

image via Marvel Studios

<スポンサーリンク>

thor-ragnarok-chris-hemsworth-taika-waititi-2.jpg
関連記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です