『沈黙 -サイレンス-』LAプレミアレポート:和装の窪塚洋介ら日米キャストが勢揃い!

H010517A 0491L 2

MICAFOTO

日米キャストが揃った『沈黙 -サイレンス-』LAプレミア・レポート!

2017年1月21日(土)に日本公開を控えたマーティン・スコセッシ監督作『沈黙 -サイレンス-』のLAプレミア上映会の様子を伝えるレポートが現地より到着しました。

近代日本文学の金字塔と称される遠藤周作の「沈黙」をアカデミー賞監督のマーティン・スコセッシが映画化した『沈黙 -サイレンス-』が現地1月5日18時にDGA(DIRECTORS GUILD OF AMERICA)にて開催。映画の公開を待ち望む500人を超える観客に加えて、世界各国のメディアも参加したプレミア上映会には日本からも窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也らキャストが登場。場内の盛大な拍手によって歓迎された。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは、「スコセッシ監督と一緒に仕事が出来たことに感謝している。窪塚洋介さん、浅野忠信さん、イッセー尾形さん、塚本晋也さん、皆さんと一緒に仕事が出来て光栄。尊敬の念を深め、強い影響を受けた」とコメント。アンドリュー・ガーフィールド演じるロドリゴと一緒のシーンが多いキチジローを演じた窪塚洋介が完成した作品を見たときに、「すごく驚いて、涙が止まらなかったよ」と感想を述べると「映画の中の君は本当に素晴らしかった」と応じる場面もあった。

和装姿で登壇した窪塚は「(本編を見て)浅野さんやイッセー尾形さん、塚本さんらが役をまっとうする姿に胸を打たれて、ストーリーとは関係の無いところでも涙を流しました」と作品完成までの苦労をにじませた。

そして近年はハリウッド作品への参加が続く浅野忠信も監督が常に見てくれていて、豊かな演技が出来た」と自信を見せ、劇中ではアンドリュー演じるロドリゴに棄教を迫る通辞役を演じたこともあり、共演については「彼は相当役になりきってたから、役と同様あまりコミュニケーションは取らず、厳しく接してくれてとても有り難かった」と語った。

海の中で磔にされるという過酷な撮影に挑んだ塚本晋也は、「本当にこの日がくるのが待ち遠しかった」と感慨を述べ、スコセッシ監督の演出で「一番勉強になったのは俳優への配慮と、俳優を自由に演技させる場を整えてくれる」と、映画監督としても実りのある経験となったことを明かしてくれた。

またLA批評家協会賞では助演男優賞次点に選出されたイッセー尾形も「感無量です。作品を観てもう言葉が出なかった」と述べ、「ガーフィールドとは、全部本番のコミュニケーションだった。(演技をする)彼の心が動いたと思ったら、刺しにいく」と緊張感あふれる現場の空気を表現した。

レッドカーペットには日米のキャストの他にもスコセッシと共に脚本を執筆したジェイ・コックス、名編集者セルマ・スクーンメイカー、プロデューサー陣らも駆けつけた。

日本公開と合わせてマーティン・スコセッシ監督の再来日も決定しており、アカデミー賞への期待も高まる『沈黙 -サイレンス-』は2017年1月21日(土)より全国ロードショー

お見逃しなく。

『沈黙 -サイレンス-』LAプレミア画像

MW0A1502

MICAFOTO

MW0A1480

MICAFOTO

MW0A1455

MICAFOTO

H010517A 0491L

MICAFOTO

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

H010517A-0491L-2.jpg
関連記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です