Huluドラマ『11.22.63』第4話レビュー(ネタバレあり)「The Eyes of Texas」

スティーブン・キング原作で、J・J・エイブラムスが製作するHulu期待の新ドラマ『11.22.63』第4話のレビューです。ジェームズ・フランコ演じる高校教師がJFK暗殺を阻止するためにタイムスリップする物語。ジェイクとセイディーの関係の行方は?

11 22 63 recap hulu

『11.22.63』第4話「The Eyes of Texas」

全米公開2016年3月7日/日本公開未定/SFドラマ/55分

監督:フレッド・トーイ

原作:スティーヴン・キング『11/22/63』

脚本:ブライアン・ネルソン

出演:ジェームズ・フランコ、ジョージ・マッケイ、サラ・ゴードン、ダニエル・ウェバー、ほか

レビュー

後にJFKを暗殺するオズワルドがその前に実行したとされるウォーカー大佐を狙撃事件まで一ヶ月ほどを残すだけになった1963年3月25日からこのエピソードは開始される。

そしてオズワルドが暮らす部屋の近くから電話を盗聴してたジェイクとビルは、CIA職員でJFK暗殺の謎を知ると思われるジョージ・デゥ・モーレンシルトとオズワルドとの決定的な会話を耳にする。

「ファシストを暗殺する」

オズワルドがモーレンシルトに言い放った言葉のファシストとはウォーカー大佐を指すことが明らかで、そこにCIAも関与していた可能性が高いことをジェイクは知る。

一方での未来からタイムスリップしてきて偽名で生活していたジェイクは、学校の受付係の女性にジェイクが名前や過去を偽っていることを知られてしまう。疑いの目を向けられたジェイクは自分はFBIから偽名を与えられていると説明する。それままるっきり映画『ゴッドファーザー』からのパクリなのだが、もちろん1963年の住人にはわからない。こうしてジェイクはその場を切り抜けた。

オズワルドのウォーカー大佐暗殺事件が近づく中、ジェイクは同僚のセイディーと関係を深め、そしてビルはオズワルドの妻でソ連出身のマリーナに片思いしてしまう。

JFK暗殺を阻止しようとする彼らの周りでは、大きな意思が働き始めていた。

Tv 04

<ここからのエピソードにはネタバレが含まれます>

ーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーーーー

ーーーーー

ーーーー

ーーー

ーー

全8話のミニシリーズの第4話にあたる「The Eyes of Texas」では、これまでJFK暗殺阻止に奮闘してきたジェイクとその相棒となったビルにとっての帰路を描いている。

学校の教師として働くジェイクは同僚のセイディーと付き合いだすが、実は彼女には別居中の夫がいて離婚を受諾してくれていない状況だった。1960年という男尊女卑の時代にあって女性の立場は非常に弱く、離婚でさえも女性の意思だけでは成立しなかった。そしてジェイクとセイディーの密会をつけまわす影。それはセイディーの夫だった。

またオズワルドの盗聴を日課としているビルは、その会話に登場するオズワルドの妻マリアに恋してしまう。そしてある夜、マリアがオズワルドからDVを受けていることを知ったビルはそれを止めようとするも、JFK暗殺阻止を最優先するジェイクはビルを押しとどめる。これを機にビルとジェイクの関係はギクシャクしはじめ、傷ついたマリアを慰めることでビルはその想いをさらに強めていく。

そして夫の存在のためにジェイクとの別れを決意したセイディーだったが、ジェイクの優しさを知ることで再び関係を修復しようと彼の部屋をサプライズで訪れる。こうしてジェイクがセイディーにも隠していたオズワルドの盗聴がばれてしまうのだった。

その時、彼女がジェイクに「あなたは何者なの?」と疑問を投げかけることで第4話は終わる。

このエピソードの「The Eyes of Texas/テキサスが見ている」というタイトルからもわかるようにオズワルドを監視していたはずのジェイクとビルが、実は他の何かから監視されていたことが明かされる。その何かとは歴史の意思だろう。どこへ行こうが、何をしようが、テキサスの瞳からは逃げられない。

JFK暗殺の真相に近づいていくジェイクだったが、一方で真相に近づけば近づくほどにそれは反発することにもなる。そしてその反発とはジェイクの感情に深く訴えてくるものばかりだ。このエピソードでやがてジェイクは自分の使命と、愛する存在を天秤にかけなければならないことが示唆されている。

シリーズの折り返しとなる次回からさらに歴史を変えることの重みが描かれるはずだ。果たしてジェイクは使命を達成することはできるのだろうか? そしてセイディーとの関係はどうなるのか? 見逃せません。

<スポンサーリンク>

via-d11-22-63-recap-hulu.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です