【注意喚起!】ゴリラスーツを着た人間が麻酔銃で撃たれて危篤!

情熱の国スペインから何とも不可思議なニュースを届けられた。ある動物園で、職員がゴリラの精巧なスーツを着て作業していると、近くを通りかかった獣医が本物のゴリラが脱走したと間違えて麻酔銃を発射、そして命中、ゴリラスーツを着た職員はその後病院に運ばれるも重篤な状況であるという。

NewImage

何と言ってもゴリラを眠らせるほどの強力な鎮静剤を打ち込まれたのだから、普通の人間はたまったものではない。

またこのニュースには部分的に不思議なとこもあり、記事によれば被害者はゴリラの檻のなかで下着姿の状態で見つかったとなっているのだが、誤射後にスーツを脱いだのか、そもそも下着姿で檻のなかにいたのか、それじゃあゴリラスーツはどこにいったのか、と疑問も多いのですが、とにかくやりきれないニュースです。

ちなみに『キングコング』に代表されるように映画ではゴリラスーツはよく使われてきましたが、そのなかでも88年の映画で実在の動物学者ダイアン・フォッシーをシガニー・ウィーバーが演じた『愛は霧のかなたに』登場するゴリラの本物そっくりでびっくりします。それもそのはず、これはリック・ベイカーの仕事なのです。

とにかく不思議な出来事です。

<スポンサーリンク>

参照記事:Gawker

 

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です