【悲劇】携帯自分撮り中にグレコ・ロマン様式の彫刻を破壊!【イタリア】

今年のアカデミー賞でも話題になった携帯での『セルフィー/自分撮り』ですが、時と場所をわきまえないと大変なことになるというニュース。

イタリア、ミラノの博物館で1人の学生がグレコ・ロマン様式の彫刻と共に『セルフィー/自分撮り』しようとしたところ、足がボキッと折れてしまいました。折れたのは学生の足ではなく、彫刻の方。

         ▼左が無事だった頃の彫刻、右側が骨折後の彫刻▼

スクリーンショット 2014 03 20 10 55 06スクリーンショット 2014 03 20 10 55 21

この彫刻は『酔ったサテゥロス』というヘレニズム期の傑作彫刻ですが、幸いにも壊されたものは19世紀に作られたコピーでした。コピーとは言え100年以上昔に作られた貴重な作品です。

では最後に美術館における最低限の二つのマナーを確認しましょう。

一、美術作品に触らないこと。

二、美術作品に一緒に自分撮りをしないこと。

スクリーンショット 2014 03 20 10 55 17

参照記事:TIME

<スポンサーリンク>

aa0d21c64383b939430332a4ab5af1c5.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です