22名以上殺害したとする19歳の女の証言、懐疑が向けられる。

Craigslist

アラスカを中心に北カリフォルニアやテキサスで22名以上を殺害したと19歳の女が告白した事件。現在、女はコミュニティーサイト「クレイグズリスト」で出会った男を殺害した第一級殺人の罪で捕まっているが、刑務所内でのインタビューで、13歳から最低でも22名を殺したと証言したことから、その数と若さから衝撃が広がっている。

過去記事:【アメリカ】19歳の女性、22人以上の殺害を告白。

アラスカでの行方不明者とその家族を支援する団体は、彼女のこの証言を懐疑的に見ている。

「我々の持っている調査記録と彼女の証言との“すり合せ”にはまだ至っていません。より確実な証拠が明示されない限り、彼女の証言を疑わざるを得ません。我々の活動はあくまで行方不明者の発見であり、家族や友人からの報告がないにせよ、その数は一致していません」

またFBIも同様のようで、彼女の証言から調査を開始することを決定するも、「彼女を管理する地方警察には、手伝えることがあれば言ってほしいと伝えている」という程度で、深く関与する段階ではないと考えているようだ。

13歳から殺人、悪魔儀式、コミュニティーサイト「クレイグズリスト」、22名以上の殺害、と扇情的なキーワードが踊るこの告白だが注意して推移を見守る必要がありそうだ。

スポンサーリンク

参照記事:FOX NEWS

craigslist.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です