【衝撃ニュース!】NASAが公式発表「UFOはじめました」!

定期的に宇宙人の可能性を匂わせては否定するというマッチポンプを繰り返す組織がNASAだが、この度「しれー」と、とんでもない衝撃ニュースを発表した!なんとNASAがUFOを作っていたと言うのだ!ちょっと待てよ!これはスゴいことだから、冷静にお伝えしようと思う。

NewImage

なんとNASAが正式に今月28日にハワイ上空に「空飛ぶ円盤」が飛行していたことを認め、それがNASAによるものだったと発表した。ということはこれまで世界各地で目撃されていた円盤も、やはりNASAと宇宙人が秘密裏に開発していたものだたっと判断してもいいだろう。ちなみにこのニュースは学研『ムー』ではなく天下のCNNが報じている。

ハワイ上空に28日、「空飛ぶ円盤」のような物体が飛んでいるのを見た人がいるかもしれない。米航空宇宙局(NASA)が火星有人探査計画の一環として実施した、着陸装置の実験だ。

なるほど。これまでのUFOの目撃例は火星探索に必要な技術開発のためにエリア51で捕獲したエイリアンを利用してNASAが主導していたものだったのか。

火星の着陸には、1976年のバイキング計画以降、同じパラシュートの技術が使われている。NASAが将来、より大きな宇宙船を岩場などに着陸させるためには、新たな技術の開発が必要とされる。

とうとう火星戦争が勃発すると見て間違いないようだ。

それにしてもUFOとは「未確認飛行物体」のことだから、よく考えればNASAが正体を把握していた飛行物体はUFOではないということになる。というかCNNのニュースをどう読んでも、UFOという記述は出てこない。

どうやらまだNASAは我々に大事なことを隠しているようだ。続報を待て!

参照記事:CNN.co.jp

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です