【バスケ】NBAで初めての同性愛告白の選手、所属先チームが決定。

jason_collins_392794951

今年のNFLドラフトの有力候補のマイケル・サムが同性愛を告白したことが、話題となる中、米4大スポーツの現役選手で初めて同性愛を告白したジェイソン・コリンズはブルックリン・ネッツと10日間の短期契約を結んだと発表した。

過去記事:【アメフト】学生スタープレイヤーがゲイと告白、NFL初の同性愛選手誕生なるか。
過去記事:【アメフト】同性愛を告白したマイケル・サム、合同練習へ参加。

ジェイソン・コリンズはNBA歴13年のディフェンスに定評のあるベテラン・センターで、過去にはセルティックスやウィザーズでプレイした。彼は去年のスポーツ雑誌のインタビューでゲイと告白し、全米プロスポーツの現役選手としては初めてのカミングアウトを行った。

その際、彼はフリーエージェントとなっており所属先が決まっておらず、ゲイであることがコリンズの新契約獲得にどのような影響を及ぼすのかが注目されていたが、今回ブルックリン・ネッツが獲得に手を挙げた。

日本ではほとんど報道もされていないが、今アメリカのスポーツ界は大きく変わろうとしている。もちろんその流れを快く思っていない人々も大勢いるが、NBAのジェイソン・コリンズ、そしてNFLドラフトの行方が注目されるマイケル・サムの登場によって、これまで暗に虐げられていた人々の声が表に出てくることになるかもしれない。

ジャッキー・ロビンソンの活躍によりメジャーリーグが黒人を認めたように、彼らが活躍することでより開かれたスポーツ界となるのか注目したい。

<スポンサーリンク>

参照記事:TIME

jason_collins_392794951
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です