【訃報】はっぴいえんどの大滝詠一氏、12月30日に死去。【夢で逢えたら】

 2013年の最後に、訃報が届けられた。

警視庁によると、歌手の大滝詠一=本名・大瀧榮一=さん(65)が30日午後5時過ぎ、東京都瑞穂町内の自で倒れ、救急車で病院に搬送されたが、死亡した。目立った外傷はなく、病死とみられる。

 ちょっとショックで何を書けばいいのか思いつかない。

 ここ最近の大滝氏のメディアへの露出は盟友の山下達郎との新春対談のみだったそれも2013年は取りやめとなり様々な憶測を呼んだりしたのだが、もしかすると大滝氏の健康問題が影響していたのだろうか。

 とにかくポップ・ミュージック界へ与えた影響は大きい人物だけ、言葉もない。またミュージシャンとしてだけではなく日本の大衆音楽に関する研究も行っていたことは有名。

 サザンの桑田佳祐の英語調な日本語歌唱法もそもそもは彼が行っていた。

 松本隆と大滝詠一のコンビの曲が好きだった。

 今年の終わりが、『12月の雨の日』だなんて悲し過ぎる。

 とにかく合掌。おつかれさまでした。

<スポンサーリンク>

img_1028801_17824998_0.jpeg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です