コロンビアのハメス・ロドリゲス、ブラジル戦でのPKは“虫”との密約の結果!?

世界中が熱狂するワールドカップも佳境に入り、準々決勝では本大会屈指の好カード「ブラジル対コロンビア」が実現した。結果はホームのブラジルがコロンビアを一点差で突き放す結果となったが、その試合中に思わず我が目を疑う場面があった。コロンビアのエースで本大会のシンデレラとも言われるハメス・ロドリゲスに“蟲使い”の疑惑が浮上したのだ!

関連記事:【衝撃ニュース】ワーリドカップは陰謀だったことが判明しました!?

“蟲使い”と言えば「ナウシカ」でおなじみだが、どうやらコロンビアのハメスもまた蟲との密約によって特殊な力を得ていたようなのだ。決定的証拠がこれだ!

▼ハメスの腕にはバッタがいる!▼

NewImage NewImage

しかもこの瞬間、彼はブラジルを土壇場で一点差に追い込むPKを獲得している。

▼ハメスとバッタ▼

NewImage NewImage

普通に考えればあり得ない。バッタのなかでもかなり大型のものが我が腕に止まっているのを見過ごすとかあり得ない。虫嫌いの女の子なら卒倒するするレベルの出来事であるが、ハメスはガッツボーズ。ありがとう、バッタ状態なのだ。

本大会では日本戦でも圧倒的な実力を見せつけ、ブラジルに破れはしたものの現在ワールドカップ得点王の彼は、ブラジル大会を象徴する選手であることは間違いない。突如として現れた新星の背後には巨大な虫組織が暗躍していると見て間違いなさそうだ。

続報を待て!(たぶん、ない)

参照記事:Buzz Feed

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です