【ボクシング】〈ラッパー・DMX〉vs〈黒人少年を射殺した自警団員〉

146309352

2012年2月、17歳の黒人少年は、ただフード付きのパーカーを着ていただけの理由で、1人の自警団員に射殺されてしまった。

自警と称し銃を携帯し街を歩いていたヒスパニック系の男性ジョージ・ジマーマンは、フードを被った黒人少年を見つけると彼をつきまとった。その数時間後、その黒人少年はジマーマンに射殺されてしまい、さらにその数時間後にはジマーマンは正当防衛という理由で釈放された。

自分より体のずっと小さく銃を持ってもいなかった少年を撃ち殺して、それが正当防衛だと判断されたのだ。

アメリカの複雑に入り込んだ人種構造が要因ともなったこの事件は全米で大問題へと発展、オバマ大統領も射殺された黒人少年を擁護する所感を述べるに至るも、2013年7月フロリダ州が下した判決はジマーマン無罪。これを受けて全米では大規模なデモが行われた。

前置きが長くなったが、素行に問題のあるセレブ達をリングに上がらせボクシングで戦わせるというマッチメイキングで有名なプロモーターのデーモン・フェルドマンが驚愕の対戦カードを発表した。

ラッパー・DMX 対 ジョージ・ジマーマン

ラッパーのDMXはジェット・リーの映画にも出演する黒人肉体派ラッパーで、過去に様々な事件を起こしている問題児。ジマーマンとは違い実際に刑務所生活も送っている。

プロモーターのフェルドマン氏がゴシップサイト『TMZ』に語ったところでは、ジマーマンはすでにボクシング対決のために毎日のトレーニングを開始しているという。ただしDMXがトレーニングをしているかは関知していないとのこと。

決戦は2014年3月14日。インターネットでのペイパービューイングによる放送を予定しているという。

実際に開催されるとするなら、何かと問題な一戦となりそうだ。

追記(2月9日):現地時間2月8日にプロモーターから本戦はキャンセルと発表されました。詳細は『【ボクシング】DMX VS ジマーマンの対決はキャンセル!』に。

続報:【ボクシング】〈ラッパー・DMX〉、自警団員ジマーマンとの一戦に前向き

参照記事:CBS NEWS

スポンサーリンク

146309352.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です