クリスマスが一年で最も死亡者が多いという事実が判明!【海外記事紹介】

 クリスマスイブの夜にこんな記事をご紹介します。クリスマスが一年で最も死亡者が多いという研究結果を伝える海外記事です。まあ、面白半分で呼んだ記事なんですが、結構重い内容でした。

 Christmas Has More Fatalities Than Any Other Other Day In The Year

 記事のタイトルは、“一年で最も死亡者が多い日はクリスマス”となります。

原因はまだよくわからんが、どうやらそういうことらしい。

 1970年代後半からこういった傾向は続くも、理由は未だに確定していない模様。可能性としては自然死や高齢の要因に加えて病因側の人員不足などが加わっていることが考えられる。

 パートナーや配偶者の死後に残された人々が数時間以内に、数日以内に死んでいってしまうという物語と取り組んでいるというタンパ・ベイ・タイムズの記者アンドリュー・ミーカム氏は、これらは体と心の関係性の問題だと指摘する。

やっぱり病院側の人手不足が原因か?

 カリフォルニア大のデイヴィット・フィリップ氏はこういった研究結果に現れるような死亡者の増加が病院の休暇シーズン中に見られることから、やはり病院の人員体制に問題があると指摘する。休暇中のために起こる人手不足から患者たちの治療待機の時間が長くなり、それが死に至るひとつの要因となっているという。
 それを裏付けるように2012年の調査では“病院の休暇中の緊急対応を迫られた入院患者の内、48%ほどの人が一週間以内に亡くなり、27%の人が一ヶ月以内に亡くなっている”という数字が出ている。

休日に家族に迷惑を掛けたくないという気持ちが影響?

 心の問題として、休日にタンカで運ばれたくなんかない、という気持ちが処置の遅れを招いているという指摘もある。

 またパートナーや配偶者を失くした人々はクリスマスになると悲しみが増えてしまし、結果、志望してしまうケースがあるのかもしれない。NPOの職員は、休日は確かにそういった人々にとっては特に家族で幸せな時間を過ごしていた人にとっては辛い日々になるでしょう、と語っている。

結論、やっぱりクリスマスは一人では過ごしたくないよ!

 でも、負けない!

スポンサーリンク

<スポンサーリンク>

christmas-has-more-fatalities-than-any-other-other-day-in-the-year.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です