クリス・ブラウン、双極性障害とPTSDを患っていると診断される。

NewImage

アメリカのR&Bやヒップホップの人気歌手で、当時恋人だったリアーナへの暴力行為で逮捕された過去を持つ、クリス・ブラウンがリハビリ・センターから双極性障害とPTSDを患っていることを指摘されていたことが分かった。

裁判記録によると、クリス・ブラウンは双極性障害とPTSDの両方を抱えており、それが彼の攻撃的な傾向に強い影響を与えているという。

また匿名施設からに意見として、「彼が精神的に安定するためには、医師による特別な対応が必要だ」とし、「彼の不安定な精神状態や度重なる不眠、そして不適切な自己治療やPTSDへの対応が彼を暴力的な行為へ向かわせた」と語った。

ただリハビリ・センターの代表者はクリス・ヴラウンは非常に模範的であり、奉仕活動にも熱心であったと付け加えており、また上級判事もまた彼は複雑な診断にも良好に対応していたとしている。

クリス・ブラウンはリアーナへの暴力行為以外でも度々暴力沙汰を起こしている。

なお、クリス・ブラウンの6枚目のアルバム『X』は5月5日に発売予定となっている。

日本のアニメファンとしても有名な彼だが、先輩格のアッシャーにも比較されるほどの実力の持ち主。精神的なトラブルをなんとか乗り越えてもらいたい。

<スポンサーリンク>

参照記事:Rolling Stone

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です