火星で謎の光る物体が激写される!【やっぱりね】

このブログでも度々取り上げてきた火星の不思議ですが、今回またしても驚愕のニュースが届けられた。アメリカ政府はこれ以上隠し事はできないぞ!

関連記事:火星に不思議な岩が現れる!【火星人の仕業か?】
関連記事:【火星人の仕業】火星に出現した謎の石の正体が判明!【ではない?】 

まずはつべこべ言わずに一枚の写真を見ていただこう。これは現在火星で調査中の無人ローバーによって、4月3日に撮影されたものだ。

NewImage

はい、火星人の仕業に決定。

ばっちり光る物体が撮影されています。言い逃れは不可能なレベルにばっちり写っています。火星人は地下深くに巨大な居住地を建設していると、日本で唯一信頼できるメディア月刊『ムー』が言っていたので、おそらくこの光源の下には火星人がわんさかいると見て間違いなさそうです。

長かった宇宙人論争もこれにて終了。

ただ一点気になるのは、この写真を撮ったカメラは右側のナビカメラで同様のカメラがローバーの左側にもあるのですが、そこには同じ風景を写しておきながらも光源が写っていないと言うこと。一説には、この光源は実は光っているのではなくて、その部分のデータが失われたことで白くなっているだけではないか、と言われているのです。ふざけんな。

ということでNASAの公式見解を待ちましょう。

<スポンサーリンク>

参照記事:NBC

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です