バンクシー、シリア内戦3年目のビデオを公開【動画あり】

イギリスの覆面ストリート・アーティスト「バンクシー」がシリア内戦が3年目を迎えることで、プロモーションのビデオを公開した。

関連記事:バンクシー、NYで露店販売、『イグジット・スルー・ジ・ギフトショップ』

NewImage

バンクシーの代表作である『バルーンを持った少女』の新しいヴァージョンが、シリア内戦が3年目を迎えてしまったことに合わせて「#WithSyria」というハッシュタグで発表された。

そして『バルーンを持った少女』をベースにしたアート動画も公開。ナレーションを『パシフィック・リム』のイドリス・エルバが、音楽を「ELBOW/エルボー」が担当している。

▼#WithSyria▼

)

どうしても日本の場合は「3.11」があったためその事態の推移を忘れがちだが、シリアでは三年前から激化した内戦のためこれまで10万人以上が亡くなっている。そしてその悲劇は未だに継続中なのだ。

赤いバルーンは一体何を意味するのか。

たった1分半の短い動画だが、どんな尤もらしい言葉よりも深く考えさせられる。

<スポンサーリンク>

参照記事:Gawker

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です