【衝撃映像】アンジェリーナ・ジョリーのヘロイン中毒時代の映像が流出!

かなり衝撃的な映像が流出した。ブラッド・ピットの奥さんでもあり現在公開中『マレフィセント』が日本でも大ヒット中のアンジェリーナ・ジョリーがヘロインの吸引による異常症状を示している映像が流出した。現在の精神的にも安定した彼女とは大きくかけ離れた、病的で落ち着きのない姿は今後に波紋を広げそうだ。

▼ヘロイン中毒と思われるアンジェリーナ・ジョリーの姿、動画▼

この映像は90年代後半に彼女に頻繁にドラッグを提供していたディーラーが撮影したものだとされており、映像の真偽とは別にもちろん現在の姿ではない。そして何より彼女自身が過去にドラッグの使用のため破滅的な日々を送っていたことを告白している。おそらくその時代のものと思われる。

撮影されたのは90年代後半で彼女の名がアメリカ中に知れ渡ったテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』から一年ほどたった頃ということなので99年頃と推測される。確かにアカデミー賞を受賞した99年の映画『17歳のカルテ』の姿と近しいものがある。

また映像内での会話は一体何の話題を話しているのかはわからないが、随分と近しい人との会話であることは分かる。撮影した男によると会話の相手はアンジーの実の父親のジョン・ヴォイトだという。

会話中、終始落ち着きなく歩き回り、同じことを繰り返したり相手の話を聞き終わる前に相づちを重ねて打つなど、薬物反応の典型とも思われる症状を示している。そして20代前半とは思えないような疲れた表情。ちょっと衝撃的だ。

▼ヘロイン中毒と思われるアンジェリーナ・ジョリーの姿、画像▼

NewImage NewImage

ただし繰り返すが彼女が過去にかなり過激な生活を送っていたことは有名な話で彼女自身それを否定していない。これを観て思うのは、よくカムバックしたな、ということ。そして一度つまずいても改心すればやり直せるということ。過去にひとつの傷のない完璧な人間よりも、一度でも道を踏み外したことのある人のほうが、ずっと魅力的に思えます。

もちろん『ダメ、ドラッグ』です!

参照記事:Mail Online

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です