ブラピ主演『ワールド・ウォーZ』の続編の脚本家が決定!

2013年公開のブラッド・ピット主演映画『ワールド・ウォーZ』の続編の脚本家が決まった模様です。全世界で5億ドルを稼ぎブラピ最大のヒット作となった作品の続編の監督にはスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれた一家の物語『インポッシブル』のJ・A・バヨナが既に決定していた。

NewImage

抜擢された脚本家はスティーブン・ナイト。これまでジェイソン・ステイサム主演の『ハミングバード』の脚本監督や、クローネンバーグの『イースタン・プロミス』の脚本を手がけるなど「痛い」物語を描くのを得意としている。大ヒットした『ワールド・ウォーZ』であるが、強引過ぎる物語が賛否分かれた作品でもあるだけに、難しい仕事になることだそう。

公開時期等は未定。

<スポンサーリンク>

参照記事:THE HOLLYWOOD REPORTER

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です