『ワンダーウーマン』単独作の公開日が前倒しされ、タイトル未定のDC映画2本の製作が決定!

DCエクステンデッド・ユニバースのガル・ガドット主演『ワンダーウーマン』の公開日が2017年6月2日に前倒し。そして2018年10月5日と2019年11月1日にタイトル不明のDC映画の公開も発表、『バットマン』か?

Wonder Woman 1

『ワンダーウーマン』単独作の公開日が前倒し

ワーナー・ブラザーズが『ワンダーウーマン』の公開日の修正を発表しました。これまでは2017年6月23日に全米公開を予定していましたが、新しいスケジュールでは3週間前倒しされ2017年6月2日になりました。

これにより『ワンダーウーマン』はソニー製作の『バッド・ボーイズ3』と対決することになりました。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では謎の女戦士として登場したガル・ガドット演じるワンダーウーマンですが、単独主演作では第一次世界大戦を舞台にして彼女の起源が明かされます。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、コニー・ニールセンなど。

タイトル不明のDC映画も2 作追加される!

そして新しい公開スケジュールにはタイトル不明のDCエクステンデッド・ユニバース作品として2018年10月5日と2019年11月1日公開予定の2作が追加されました。

2018年10月5日の作品はジェイソン・モモア主演の『アクアマン』の後になり、2019年11月1日の作品は『ジャスティス・リーグ:Part 2』の後になります。

おそらくその内の一作はベン・アフレックによる監督・脚本・主演が噂される『バットマン』ではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

NewImage
Wonder-Woman-1.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です