北朝鮮の本当の姿を映す『太陽の下で-真実の北朝鮮-』の日本公開が決定!

ポスタービジュアル 2

ロシアの撮影班が危険を冒してビデオに収めたドキュメンタリー『太陽の下で-真実の北朝鮮-』の日本公開が決定! ポスターも解禁!

モスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長も務めるヴィタリー・マンスキー監督による北朝鮮のドキュメンタリー映画『太陽の下で-真実の北朝鮮-』が2017年1月21日よりシネマート新宿ほか全国ロードショーされることが決定しました。

8才のジンミは模範労働者の両親とともに平壌で暮らしている。ジンミは金日成の生誕記念「太陽節」で披露する舞踊の練習に余念がない。エリートの娘を持った両親は仕事仲間から祝福を浴び、まさに “理想の家族”の姿がそこにはあった、、、、。

しかしそれは北朝鮮側の「監督」からOKがでるまで繰り返し「演技」を要求され、身分や生活までも偽り、理想の北朝鮮のための作られた「物語」でしかなかった。

北朝鮮政府から撮影許可を得るまで二年間、平壌の一般家庭の密着撮影に一年間。その間、北朝鮮当局より厳しい監視のもと台本は何度も修正され、撮影したフィルムも検閲を受けるという「ドキュメンタリー」とは呼べない過程のなかで、ロシアの撮影班は録画スイッチをオンにしたままカメラを放置し、隠し撮りを敢行するが、、、、。

こうして完成した『太陽の下で-真実の北朝鮮-』は「偽り」を作り出す北朝鮮の真実を映す作品として、アメリカ、ドイツなど各国の20都市以上で上映され、その反響から北朝鮮からの要請でロシア政府はヴィタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表する事態にまで発展する。

「個人の自由」が認められない北朝鮮における、「個人」の偽りのない反応とは?

ドキュメンタリー映画『太陽の下で-真実の北朝鮮-』が2017年1月21日よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。

ポスタービジュアル

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎セザール賞受賞ドキュメンタリー『TOMORROW パーマネントライフを探して』の日本版予告編が公開!
▶︎レオナルド・ディカプリオが気候変動に立ち向かう『Before the Flood』の予告編!
▶︎テレンス・マリックが宇宙の神秘を描くドキュメンタリー『Voyage of Time』の予告編!

dadeda24d8ae6edb4b455956ab4ae7ba.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です