スクープの真相を巡る韓国サスペンス・スリラー『造られた殺人』の日本公開が決定!

造られた殺人 main 2

誤報を掴まされた崖っぷちの記者と事件の真相を追う記者との対立を描く韓国製サスペンス・スリラー『造られた殺人』が2016年11月19日に日本公開決定!

離婚と解雇の危機で崖っぷちだった記者の前に転がり込んできたスクープ。これで自分の危機が救えると思われたが、実はさらなる奈落の底へと突き落とす誤報だと悟った記者ムヒョクを中心に、それをさらに掘り下げて世間の話題にしようとする報道局とスクープの真相を暴こうとする刑事たちの対立関係を描く緊張感あふれる韓国映画『造られた殺人』の日本公開が決定しました。

“大スクープ”と“連続殺人事件”という斬新な2つのテーマを融合させた本作は、誤報による事件の広がりがもたらす予測不能のストーリー展開が魅力のサスペンス・スリラー。

映画『建築学概論』のナプトゥギ役で青龍映画賞 新人男優賞を受賞し、一躍注目を浴びることになったチョ・ジョンソクが本作では誤った情報提供をスクープ報道したことで窮地に陥る記者のムヒョクを熱演。また、報道局のペク局長役には大女優イ・ミスク、ムヒョクの妻スジン役に3年ぶりにスクリーンに復帰したイ・ハナ、そしてムヒョクに疑いの目を向ける刑事オ班長を演じるのはペ・ソンウ。

豪華実力派俳優たちの共演にも注目。

映画『造られた殺人』は2016年11月19日よりシネマート新宿ほかロードショー開始。また特典付き前売券は9月10日より上映館および映画前売券サイト「メイジャー」にて発売開始。

造られた殺人 main

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎イム・シワン主演『戦場のメロディ』の日本版予告編が解禁!
▶︎ジェームズ・フランコ監督作『In Dubious Battle(疑わしき戦い)』の予告編!
▶︎奇跡の実話を映画化『ライオン(原題)』予告編が公開!「25年ぶりにグーグル・アースで故郷を見つけた男の半生」

be367c385af12ed008f786c9854b81fb.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です