『トランスフォーマー』の前日譚が企画中、そしてマイケル・ベイは?

映画『トランスフォーマー』の前日譚となる作品を企画していることが判明。そして次作『トランスフォーマー5』でマイケル・ベイはメガホンを取るのか!?

Bumblebee transformers dark of the moon 1920x1080

脚本家のアキヴァ・ゴールズマンを中心として脚本家グループ「ライターズ・ルーム」が出来上がった『トランスフォーマー』のシリーズ化で、実写映画第1作目の前日譚に相当する物語が企画中であることが判明した。

この企画は『トランスフォーマー・ワン』という仮タイトルが付けられており、舞台はトランスフォーマーたちの故郷セイバートロンに設定されているという。また脚本にはアンドリュー・バレルとガブリエル・フェラーリが加わっている。

この『トランスフォーマー・ワン』の企画そのものは初期段階のため中身はほとんど不明だが、ふたりの脚本家も設定されるなど映画化企画と思って良さそうです。

そして2017年に公開されるとも言われる『トランスフォーマー5』に関して、すでに降板を口にしているマイケル・ベイですが(これは珍しいことではありません)、ベイが監督し2016年に公開が予定されているベンガジでの攻防戦を描く『13Hours』の撮影が順調なため、マイケル・ベイはやはり『トランスフォーマー5』も撮るのではないかという憶測を生んでいます。彼自身もキャリアについて考えるようになり、これまでとは違った趣向で作品を撮りたがっているのは『ペイン・アンド・ゲイン』でも明らかでしたが、自身のヒット作の象徴ともなった『トランスフォーマー』はどうなるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

参照記事:COLLIDER

bumblebee_transformers_dark_of_the_moon-1920x1080.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です