トム・ハーディが戦争写真家ドン・マッカランの自伝的映画に主演!

White 1 2

トム・ハーディがベトナム戦争やビアフラ戦争の写真で有名な報道写真家ドン・マッカランの自伝的映画に主演することが判明!

トム・ハーディがまた楽しみな映画に主演することが決定しました。

Deadlineの報道によるとトム・ハーディはイギリスの著名な報道写真家ドン・マッカランを描く自伝的映画に主演することが決定したという。これはドン・マッカラン本人による自伝記『Unreasonable Behaviour』の映像化で、脚色を担当するのは『ベルファスト71』のグレゴリー・パーク。

原作では戦火のロンドンで少年時代を過ごしたドン・マッカランが60年代初頭からサンデイ・タイムズで働き出し、ベトナム、カンボジア、ビアフラ、ウガンダなどの戦地や紛争地で写真家として活動していくまでの過程を描いている。

ドン・マッケランはロバート・キャパの後継者とも言われる存在で20世紀後半の多くの戦場を知る報道写真家。その写真の影響力は大きく、イギリスのパンクバンド「キリング・ジョーク」のファーストアルバム『黒色革命』のジャケットはドン・マッケランの代表写真が元になっています。

Don mccullin catholic youth escaping a cs gas assault web<参照:www.roller-mag.com/2014/09/catholic-youth-escaping-a-cs-gas-assault-in-the-bogside.php>

61B3HDwwc1L<参照:www.amazon.co.jp/Killing-Joke/dp/B0009RRRC8>

トム・ハーディはクリストファー・ノーラン監督最新作で第二次大戦を舞台にした『ダンケルク(原題)/Dankirk』にも主演するため、話題作が続くことになります。

伝説的な報道写真家をトム・ハーディが演じるということで楽しみな一作です。

この記事もチェック!
▶︎クリストファー・ノーラン監督最新作『Dunkirk』のあらすじとセット写真が公開!
▶︎トム・ハーディ主演のTVドラマ『タブー/Taboo』の予告編「血と、反逆と、家族の闇」
▶︎トム・ハーディ主演『レジェンド 狂気の美学』レビュー

<スポンサーリンク>

white-1-2.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です