スティーヴン・ソダーバーグがパナマ文書事件を製作へ、監督も兼任か!?

Steven Soderbergh

スティーヴン・ソダーバーグが世界規模の金融スキャンダル「パナマ文書」流出に関する映画を製作することが判明!監督引退状態のソダーバーグがメガホンを取る可能性も!

監督引退状態のスティーヴン・ソダーバーグが監督復帰する可能性が再び報じられました。

報道によれば『オーシャンズ11』や『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、世界規模での租税回避行為に関する秘密文書「パナマ文書」流出を題材にした作品の製作を担当することが決定し、その作品でソダーバーグがメガホンを取る可能性もあるということです。

ピュリッツァー賞受賞経験もあるジェイク・バーンスタインの次回作『Secrecy World』を原作に、『コンテイジョン』や『インフォーマント!』でソダーバーグと組んでいるスコット・Z・バーンズが脚色を担当。

一時は映画監督からの引退を表明したスティーヴン・ソダーバーグもチャニング・テイタム、アダム・ドライバー、ダニエル・クレイグ共演のコメディ『Logan Lucky』の撮影中で、映画への本格復帰が待たれている。

参照:www.comingsoon.net/movies/news/700789-steven-soderbergh-panama-papers

この記事もチェック!
▶︎ダニエル・クレイグがロス暴動を題材とした『裸足の季節』監督次回作でハル・ベリーと共演か!?
▶︎レジェンダリーがジェニファー・ローレンス主演、アダム・マッケイ監督作『Bad Blood』の映画化権を獲得!
▶︎鬼才ニコラス・ウィンディング・レフンがスーパーヒーロー映画の監督に立候補!

<スポンサーリンク>

Steven-Soderbergh.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です