ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』が正式タイトルに!

ユニバーサル製作のアップルのスティーブ・ジョブズの伝記映画が、ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演でタイトルもずばり『スティーブ・ジョブズ』となると公式発表!豪華キャストも決定!

Michael Fassbender 1546828 1527x2000

元々はソニー製作でデイヴィッド・フィンチャー監督、主演候補にはクリスチャン・ベイルがレオナルド・ディカプリオなどの名前が挙がるも、結局は制作費の問題から破断となり、製作をユニバーサルに監督はダニー・ボイルへと引き継がれたアップルのスティーブ・ジョブズの伝記映画に関して、タイトルは『スティーブ・ジョブズ』となり主演以下のキャスト陣も決定したことが正式に発表された。

  • マイケル・ファスベンダー=スティーブ・ジョブズ
  • ケイト・ウィンスレット=ジョアンナ・ホフマン(元マッキントッシュ・マーケティングシェフ)
  • セス・ローゲン=スティーブ・ウォズニアック(アップル共同設立者)
  • ジェフ・ダニエルズ=ジョン・スカリー(元アップルCEO)
  • キャサリーン・ウォーターソン=クリサン・ブレンナン(ジョブズの元恋人)
  • マイケル・スタールバーグ=アンディ・ハーツフェルド(マッキントッシュ開発チームの一員)
  • パーラ・ヘイニー=ジャーディン、リプリー・ソボ 、マッケンジー・モス=リサ・ブレンナン(ジョブズの娘)
  • サラ・スヌーク=アンドレア・カニングハム(マッキントッシュ・プロジェクトリーダー)
  • アダム・シャピロ=アビー・テバニアン(アップル・コンピューター・ソフトウェア技術者)

脚本は『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキンが継続し、監督はダニー・ボイルが担当。

ソニーが手放しフィンチャーが降りたことで、わざわざ映画化する必要があるのか疑問に感じたが、このキャストを見たことで期待度は一気に膨らんだ。なによりもこれまでバカコメディーで活躍してきたセス・ローゲンがスティーブ・ウォズニアックを演じるということで『マネーボール』でのジョナ・ヒルのように演技派としても評価されるか注目。

公開日に関してが未だ公表されていないが、来年のショーレースを睨んだ日程になるのではないか。

これは楽しみだ。

参照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

Michael-Fassbender-1546828-1527x2000.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です