【コング:スカル・アイランド】秘密機関モナークによるドクロ島調査サイトが見つかる!!!

13 51 19

『GODZILLA ゴジラ』にも登場した謎の研究機関モナークが、キングコングが暮らすという髑髏(ドクロ)島を人工衛星で探査しているウェブサイトが発見!!

トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン共演の怪獣映画『コング:スカル・アイランド(原題)』のポスターに『GODZILLA ゴジラ』との関連が見つかったという記事(『コング:スカル・アイランド』から『ゴジラ』との関連が推測されるポスターが公開!!)の続報ですが、ゴジラのみならずキングコングにも強い関心を示していることが判明した謎の研究機関モナークによるウェブサイトの存在が明らかになりました。

そのサイトのURLに「discoverskullisland/ディスカバー・スカルアイランド」という文字が含まれるように、NASAが打ち上げている人工衛星ランドサット(Landsat)を利用して、キングコングが住むと言われる髑髏(ドクロ)島を探しているヴァイラル・サイトとなっています。

以下のURLから訪れてみてください。

www.discoverskullisland.com/

日本時間2016年10月13日14:00の時点ではランドサットによる地表面の探査は31%終了しており、時間が経つにすれてそのパーセンテージは上がっていき、やがては髑髏(ドクロ)島が発見されるものと思われます。

またサイトの右上には熱探査のオンとオフのスイッチもあり、なかなか手が込んでいます。

『GODZILLA ゴジラ』ではゴジラとムートーの存在にいち早く反応し、あの芹沢猪四郎博士も所属するモナークが髑髏(ドクロ)島を探しているということは大変興味深いです。というのも、『コング:スカル・アイランド』は1970年代を舞台にしているため、このサイトそのものは映画に直接関係するものではないと考えられます。

とすればやはりやがて衝突が不可避とされるゴジラとキングコングとの関係を示唆するものなのでしょうか。

現在では見失ってしまった髑髏島は果たして見つかるのか? このヴァイラル・サイトが何かのヒントになっていることは間違いなさそうです。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎シン・キングコング『コング:スカル・アイランド(原題)』の日本公開日が決定!
▶︎キングコング映画『コング:スカル・アイランド』の予告編が初公開!
▶︎『ジャスティス・リーグ』からアクアマンの妻でアンバー・ハード演じるメラの姿が初公開!

13.51.19.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です