マーティン・スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』日本語字幕版予告編が解禁!

Silence B Photo Credit Kerry Brown

Photo Credit Kerry Brown

巨匠マーティン・スコセッシ監督が日本文学の金字塔を映像化する『沈黙-サイレンス-』から日本語字幕版予告編が解禁!「主はおっしゃった『世界に赴き 全ての者に教えを授けよ』」

近代日本文学の金字塔とされる遠藤周作による原作小説を、『タクシードライバー』『ディパーテッド』の世界的巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化する『沈黙-サイレンス-』の日本語字幕版予告編が解禁されました。

スコセッシ監督が1988年に原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年に渡りあたため続けてきた待望の作品がついにスクリーンに。これからの映画賞レース、そして来年のアカデミー賞でも注目されること必至の話題作。

「主はおっしゃった『世界に赴き 全ての者に教えを授けよ』」

日米最高のキャストによる信仰と人間存在を巡る物語。

メル・ギブソン監督作『ハクソー・リッジ/Hacksaw Ridge』にも主演するアンドリュー・ガーフィールドを主演に、『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバーというハリウッドの実力派俳優に加え、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシらも参加。

物語の舞台は17世紀の日本。

日本に渡ったフェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとされる師の真実を確かめるために同僚のガルペ(アダム・ドライバー)と共に日本を目指す。長い旅の中継地であるマカオで出会った日本人キチジロー(窪塚洋介)に導かれ、長崎へとたどり着く。無事に到着したのもつかの間、苛烈な切支丹弾圧を行う長崎奉行の目を逃れ、敬虔な信者であるモキチ(塚本晋也)らが暮らすトモギ村に匿われることになる。

そして一度は神に誓ったはずの信念が、やがて訪れる過酷な試練を前にもう一度試されることになる。

「主よ、あなたは何故、黙ったままなのですか-」

この予告編だけでも、傑作の予感が十分に感じ取れます。原作小説を読んでいれば尚のこと、若き宣教師ロドリゴの運命がどのように描かれるのか気になるところ。

映画『沈黙-サイレンス-』は2017年1月21日から日本公開

見逃せません。

<スポンサーリンク>

Silence A Photo Credit Kerry Brown

Photo Credit Kerry Brown

Silence-B-Photo-Credit-Kerry-Brown.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です