『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』の日本語版予告編が公開「覚悟はあるか?」

シリーズ初のスピンオフ映画『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』のティーザー予告編が公開。エピソード4の前日譚で、デス・スターの設計図を強奪するレジスタンスの物語。

スクリーンショット 2016 04 07 21 04 21

『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』のティーザー予告編

『ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督最新作で、『スターウォーズ』シリーズ初のスピンオフ映画となる『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』の予告編がついに公開されました。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間の時期の物語となり、帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計図を強奪した反乱軍兵士の活躍が描かれる。

『博士の彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズが主演し、マッツ・ミケルセン、ベン・メンデルスゾーン、フォレスト・ウィテカー、そしてドニー・イェンらが脇を固めます。

波乱軍の荒くれ者たちがデス・スターの設計図を強奪するための「エクスペンダブルズ」な戦いを描く『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』。主役は反乱軍のメンバーで札付きの女、ジン・アーソ(Jin Erso)演じるフェリシティ・ジョーンズ。

そしてドニー・イェンの棒術は並のストームトゥルーパーには早すぎることも判明しました。

スクリーンショット 2016 04 07 21 13 11

また忘れてはならないのは本作の監督は『ゴジラ』のギャレス・エドワーズということで、AT-AT(足の長い兵器)を見上げるシーンなどは、まさに怪獣描写です。

スクリーンショット 2016 04 07 21 15 33

これはいきなり傑作の予感しかしません。

ギャレス・エドワーズ監督作『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日全米公開です。

<スポンサーリンク>

スクリーンショット 2016 04 07 21 22 16
1b173342ee347373b8cc617161957362.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です