『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のキャラクター詳細が判明!

White 1 2

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主要キャラクターの名前と設定が判明!ドニー・イェンが演じるのは「座頭市」を彷彿とさせる盲目の戦士!

ギャレス・エドワーズ監督作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場する主要キャラクターたちの名前と設定がEWに掲載されました。

9名に及ぶ主要キャラクターのリストをご紹介します。

ジン・アーソ(Jyn Erso):フェリシティ・ジョーンズ

46488vrt445883000

15歳のころから野良犬のような生活を送っている彼女は、卓越した戦闘スキルと反乱同盟が必要とするような宇宙の裏側の知恵を持っている。プロデューサーのキャサリーン・ケネディは「彼女は波乱万丈の人生を送っているの。反乱軍につかまりながらも、反乱軍の役に立つ機会も与えられる。その代わりに減刑されるの、、、、彼女は本物のサヴァイバー。ジャンヌ・ダルクのような存在」と語る。


キャプテン・カシアン・アンドール(Captain Cassian Andor):ディエゴ・ルナ

54158s4168000

アンドールは正式なる反乱軍の諜報部員。荒くれのアーソをなだめる立場だが、退屈な男なわけではない。献身的で、実直で、実務的で、戦いにも慣れている。ルーカス・フィルムのストーリー開発を担当するキリ・ハートによれば「帝国に対する効果的に抵抗するために必要な経験や日々の行動についての手本のような人物」という。


チラット・イムウェ(Chirrut Imwe):ドニー・イェン

846515888554100

彼はジェダイではないがその道に忠実で、目が見えないことに打ち勝ち比類なき戦士になるために霊性を高めている。キャサリーン・ケネディによれば「チラットは僧兵と表現できる。彼はジェダイの世界観を信奉している。ジェダイが消えた世界にあってもその思想を受け継ぎ宇宙を守ろうとするの」、そして監督のギャレス・エドワーズも「魔法のようなアイデアで、突然現れては僕らを助け、そして去っていく、まるで人々が日々邪悪なものと戦っているようにね」と語る。


ベーズ・マルブス(Baze Malbus):ジアン・ウェン

Dg044484152999630

重装備の彼は古めかしい宗教や錆びた武器よりもブラスターをぶっ放すことを好む。一方で親友のチラットのためならどんな苦労も厭わない。「彼はチラットの精神的中心性を理解しているのだけど、それを手助けする必要もない」とケネディは補足する。ブレーズはフォースに関しても「親友が信じているもの」と距離を置いている。そしてこのふたりの関係は宇宙版「ドン・キホーテとサンチョ・パンサ」のようなのだという。


ボーディ・ロック(Bodhi Rook):リズ・アーメッド

864531289888000

ボーディは反乱軍のリードパイロット。彼は頭に血がのぼりやすいタイプだが、その無礼な態度も卓越した操縦技術によって相殺されている。「彼はたくさんの荷物を運んでいて、それが彼の仕事。そして神経質で短気なんだけど、誰もが彼の技術には一目置いている」

K-2SO:(アラン・テゥディック)

Dg4515572999630

この巨大で頑強なセキュリティ・ドロイドはギャレス・エドワーズによれば「C-3POとは正反対」なのだそう。彼はタフで自信家で「人間/サイボーグ」の関係にも特に関心がない。神経症気味な堅物とは大違いなのだ。そして「ケイツー(K2)はドロイドの体をしたチューバッカのようでもある」とギャレス監督が続ける「彼はヘマなんてしないし、何か発言や行動をするときにいちいちチェックなんてしない。彼はただ真実を話すんだ」、そしてジン・アーソと同じように過去の誤った行動の救済を求めている。


ガレン・アーソ(Galen Erso):マッツ・ミケルセン

845882470000

娘のジンと仲違いした彼は、例えるなら宇宙版オッペンハイマー(核開発者)のようで、破滅をもたらす彼の知識は帝国軍、そして反乱軍のいずれからも狙われている。前出のハートによれば「彼は宇宙の成り立ちや働きを明確に理解している男」だという。しかしガレンはどこにいるのだろう? そしてジン・アーソとの関係は? ルーカス・フィルムが彼の写真だけいまだに公開していない(このボタンダウン姿のマッツは『ローグ・ワン』仕様ではない)ことからも彼が物語の鍵を握っているようだ。


オーソン・クレンニック長官(Director Orson Krennic):ベン・メンデルスゾーン

46488226693000

一方でこの悪役は野心的な帝国軍の役人で、優雅なる帝国の世界に踏み込もうとする反乱軍を粉砕するためにデストルゥーパーの部隊を仕切っている。そして上官であるダース・ベイダーの逆鱗に触れることを恐れている。


ソー・ガレラ(Saw Gerrera):ウォレスト・ウィテカー

46813520000

『スターウォーズ/クローン・ウォーズ』にも登場した反乱軍戦士ソー・ガレラが登場することに。

参照:www.ew.com/gallery/star-wars-rogue-one-characters/2642928_director-orson-krennic-ben-mendelsohn?xid=entertainment-weekly_socialflow_twitter


ということで『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のキャラクター紹介でした。魅力的で個性的なキャラが揃っていますが、やはりドニー・イェンが演じる宇宙の「座頭市」とも言える盲目の戦士チラットには注目です。

『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日に日米同時公開予定。

楽しみです。

この記事もチェック!
▶︎『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』再撮影騒動の真相が明らかに!?
▶︎『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』の日本語版予告編が公開「覚悟はあるか?」
▶︎『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』公式ガイドブックの画像から主要キャラの名前などが判明!

<スポンサーリンク>

white-1-2.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です