スピルバーグ監督作『ゲーム・ウォーズ』のヒロインが決定!

NewImage

スティーブン・スピルバーグ監督によるオタク大作映画『ゲーム・ウォーズ』のヒロインに若手注目女優オリヴィア・クックを抜擢!

日本のオタクカルチャーへの言及が満載の原作小説『ゲーム・ウォーズ』の映画化作品のヒロインに若手女優オリヴィア・クックが抜擢された。

物語上のヒロインとなるハンドルネーム「Art3mis」役には、エル・ファニングやローラ・カークといった女優もリストアップされていたが、最終的にはサンダンス映画祭で大好評だった『Me and Earl and the Dying Girl』に出演したオリヴィア・クックに決定することになった。闘病コメディ映画『Me and Earl and the Dying Girl』ではオタク高校生と奇妙な友情関係を結ぶ白血病患者を演じてて大絶賛され、サンダンス映画祭でも2 冠を獲得するなど今注目の女優。

またヒロイン探しと並行して主人公のウェイド・ワッツ役のオーディションを行うもスピルバーグの御眼鏡に適う俳優はみつからなかった模様。

『オ・ヤサシ巨人BFG』、『ブリッジ・オブ・スパイ』と監督作が立て続くスピルバーグですが、『ゲーム・ウォーズ』は2017年12月15日に全米公開予定。果たしてスクリーンで再び動くレオパルドンが見られるのか。期待して待ちましょう。

<スポンサーリンク>

参照記事:THE HOLLYWOOD REPORTER

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です