『プロメテウス2』の公開日、そしてあらすじが判明!

alien_covenant

『オデッセイ』の日本公開を控えるリドリー・スコットの次回作で『プロメテウス』の続編『Alien: Covenant 』の公開予定日とあらすじが判明しました。

『プロメテウス2』は2017年8月4日全米公開

『プロメテウス』の続編の製作が決定してからここまでの迷走は、「さすが巨匠」と言いたくなるほどのリドリー・スコットのワンマンぶりを象徴しています。『エイリアン :パラダイス・ロスト』とされていたタイトルも先日になって破棄を宣言し、新たに『エイリアン:コンヴナント(契約)』と発表しましたが、これで決定なのかそれとも仮題なのか怪しいです。

それでも2016年の初頭には制作を開始する方向が決まっているようで、ひとまず安心。

ニール・ブロムカンプ監督による『エイリアン5』が製作見合わせ(事実上の中止)となった原因とも言われるリドリー・スコットのパワフルぶりですが、良い意味での暴走老人となっていただきたいものです。

『エイリアン:コンヴナント(プロメテウス2)』のあらすじ

リドリー・スコットが『エイリアン:コンヴナント』によって自身が構想したエイリアンの世界に帰ってくる。エイリアンの前日譚三部作で『プロメテウス』に続く第二章となり、1979年の先駆的作品『エイリアン』に繋がる物語。銀河の果ての惑星に向かった宇宙船コンヴナントのクルーは、未知の楽園のような場所を発見するも、そこは暗黒で危険渦巻く世界だった。そして唯一の住人が「作られた」デイヴィッド(マイケル・ファスベンダー)、つまり不運のプロメテウスの生存者だった。

Ridley Scott returns to the universe he created in ALIEN with ALIEN: COVENANT, the second chapter in a prequel trilogy that began with PROMETHEUS — and connects directly to Scott’s 1979 seminal work of science fiction. Bound for a remote planet on the far side of the galaxy, the crew of the colony ship Covenant discovers what they think is an uncharted paradise, but is actually a dark, dangerous world — whose sole inhabitant is the “synthetic” David (Michael Fassbender), survivor of the doomed Prometheus expedition.

ということで、なるほどマイケル・ファスベンダーだけが前作からの唯一の生き残りなんだ、、ん、、あれ、、え、もう一人生き残ってなかった?生き残ってたよね。しかも主要人物ですが(ネタバレを考慮しゴモゴモしてます)。

ということで一体どういうことでしょうか。常識的に考えて『プロメテウス』の直後の物語ということではないようです。

まあ、まだ何も始まっていないので、気長に待つことしかできませんね。

『オデッセイ』で衰えぬ創作意欲の価値を証明したリドリー・スコット監督による『プロメテウス2』は2017年8月4日全米公開予定です。

<スポンサーリンク>

関連記事をチェック!
▶︎『プロメテウス』続編『Alien:Covenant』の新ヒロイン画像が公開!
▶︎『プロメテウス』続編にノアミ・ラパスは出演しないことが判明
▶︎リドリー・スコット監督、『プロメテウス2』の他に2作品を製作する意向を表明
▶︎『エイリアン』(1979)の貴重なセットフォトが多数公開!

参照記事:collider.com/prometheus-2-release-date-synopsis-noomi-rapace/

alien_covenant
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です