ニコラス・ケイジ主演『パシフィック・ウォー』の予告編&ポスターが解禁!

Pacificwar main

ニコラス・ケイジ主演でインディアナポリス号の悲劇を描く『パシフィック・ウォー』の日本公開が決定! 予告編&ポスタービジュアルが解禁!!

見てください、このニコラス・ケイジの凛々しい軍服姿!

『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞に輝くも、その後はB級映画から低予算映画までを幅広く行ったり来たり(行ったきり?)するニコラス・ケイジが太平洋戦争中に撃沈したインディアナポリス号の艦長を演じる『パシフィック・ウォー』の日本公開が2017年1月7日に決定し、予告編とポスターが解禁となりました。

共演はトム・サイズモア、トーマス・ジェーン、故ポール・ウォーカーの実弟のコディ・ウォーカー、そして日本軍の橋本少佐を演じるのは竹内豊

『パシフィック・ウォー』あらすじとポスター

1945年、太平洋戦争末期。アメリカ軍はマクベイ館長率いる巡洋艦インディアナポリス号にある極秘任務を与える。それは長きに渡る大戦に終 止符を打つ最終兵器。原子爆弾の輸送であった。危険極まりない戦地へと旅立ったマクベイと兵士たちは、日本軍との激しい戦闘を掻い潜りな がらなんとか目的地テニアン島にたどり着く。任務を終え安堵に包まれながら次の目的地へ出発するマクベイ一行。しかしその時、艦内に爆音 が鳴り響く。橋本少佐率いる日本軍の潜水艦が発射した魚雷が艦に直撃したのだ。激しい戦闘の末沈没してしまうインディアナポリス。なんと か命からがら脱出したものの太平洋を漂流するはめになったマクベイと兵士たちに、今度は飢えと喉の渇き、そして獰猛な鮫たちが襲い掛かる。 極限状態に陥り次々と命を落としていく兵士たちと、彼らを一人でも多く生きて家族の元へ帰そうと奮闘するマクベイ。しかしこれはマクベイ に襲い掛かる非情な運命の始まりに過ぎなかった。

パシフィック ウォー ポスタービジュアル

これはニコラスファン必見ですね。

戦争アクション超大作『パシフィック・ウォー』は2017年1月7日よりシネマサンシャイン池袋ほかにて日本公開。

<スポンサーリンク>

Pacificwar sub02

©2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.

Pacificwar sub04

©2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.

Pacificwar sub05

©2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.

pacificwar_main.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です