『パシフィック・リム2』脚本に『ジュラシック・ワールド』のデレク・コノリーが参加!

Pacific rim 91

『パシフィック・リム2』に『ジュラシック・ワールド』の脚本家が参加!

『コング:スカル・アイランド』でのレジェンダリーとユニバーサルの関係悪化のために一時は不可能かと思われるも、その後にレジェンダリーが中国企業の傘下に入ったことで急転直下の製作再開が決定した『パシフィック・リム2』に脚本家として『ジュラシック・ワールド』のデレク・コノリーが参加することになったとThe Hollywood Reporterが報じています。

Netflixの『デアデビル』でショーランナーを務めるスティーヴン・デナイトを新監督に迎え、前作の監督ギレルモ・デル・トロはプロデューサーに回っての新体制で挑む『パシフィック・リム2』ですが、新たに脚本家を雇うことで前作との関連はさらに薄れそうな予感です。

そもそも『パシフィック・リム2』にはギレルモ・デル・トロとザック・ペンが書いた脚本がすでに存在し、そこに『プロメテウス』や『ドクター・ストレンジ』の脚本家ジョン・スパイツが手直しのために加わっていたのですが、さらに別の脚本家が参加するとなれば、当然ファースト・ドラフトのエッセンスは薄れることになるでしょう。

「前作から時間が流れ、イエガーが陳腐なものになった世界」を舞台にするとされた『パシフィック・リム2』ですが、果たしてどのように映像化されるのでしょう。

<スポンサーリンク>

参照:www.hollywoodreporter.com/heat-vision/pacific-rim-2-enlists-jurassic-893215

via-pacific-rim-91.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です