『王の運命 -歴史を変えた八日間-』衝撃の「米びつ」本編映像公開!

sadame

話題の韓国映画『王の運命 -歴史を変えた八日間-』から物語の主題となる「米びつ」事件の本編映像が公開!ソン・ガンホ演じる朝鮮21代目の王・英祖が、自分の息子である王子を「米びつ」に閉じ込める衝撃のシーン!

6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開が開始された話題の韓国映画『王の運命 -歴史を変えた八日間-』が衝撃の本編シーンが公開されました。

王の命を奪おうとした罪で息子・思悼に情けもかけらもない激しい罵声浴びせる父・英祖。そして「死んでやる!」と自害を図ろうと暴れる思悼。家臣たちの激しい反対もむなしく、英祖の指示で”米びつ“が運び込まれ、生きる気力も正気も失った思悼は自ら狭い箱の中に入り、幼い孫の正祖の涙のお願いも聞き入れず、英祖は閉じられた蓋にくぎを打ちつける。むなしい釘の音が響く、まさ親子の断絶を物語る6分に及ぶ衝撃の本編映像。

本作は朝鮮王朝における王権争いが激化した時代を舞台に朝鮮第21代目の王・英祖(ヨンジョ)と、息子・思悼(サド)、そして思悼の子として朝鮮後期最高の聖君となる第22代正祖(イ・サン)の誕生まで、56年間の歴史に存在した人々の心情を丁寧にひもとき、1762年の「米びつ事件(壬午士禍)」を中心とした史実を映画化。ソン・ガンホが王・英祖を、ユ・アインが実の息子・思悼を演じている。

朝鮮王朝最大のスキュンダルとも言われる「王が、王子でもある我が子を、米びつに閉じ込めて餓死させた」衝撃の史実を、儒教精神の残酷さと尊さを通して描いた力作。小林正樹監督の傑作『切腹』から影響を受けたというだけあって、骨太で壮絶な密度の濃い人間ドラマは必見です。

映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』は6月4日より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

<スポンサーリンク>

この記事もチェック!
▶︎アニメ映画『アノマリサ』レビュー(ネタバレあり)
▶︎映画『10 クローバーフィールド・レーン』レビュー(ネタバレあり)
▶︎映画『エクス・マキナ』レビュー(ネタバレあり)

sadame-.JPG
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です