音楽ドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』の予告編&ポスターが公開!

Oasis Supersonic Poster 2

ⓒJill Furmanovksy

リアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務める音楽ドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』の予告編&ポスターが公開! 12月24日より日本公開!!

マンチェスターから一気に世界に飛び出したロックバンド・オアシス公認のドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』の予告編&ポスターが公開されました。

本作はバンドの中心だったリアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から94年の衝撃的だったデビュー、そして96年の伝説となったネブワース・ライヴまでの軌跡を描くオアシス初の長編ドキュメンタリー。製作にはアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた『AMY エイミー』のスタッフが結集した。

1996年8月、マンチェスター出身のインディーズバンドが、前人未到の快挙を成し遂げた。25万人もの観客を動員したネブワース・ライヴでの2日間のコンサートは、当時最大規模の公演で、チケットを求めて約260万人もの予約が殺到。デビューからたった3年でロックの頂点まで登り詰めた90年代最強のロックバンド・オアシス。

90年代に青春を過ごした人にはたまらない映画となりそうです。

けんかするほど仲がいいとはよく言います。しかしこの兄弟に関してはけんかするほど仲が悪くなっているようにも思えますが、2009年にノエルが脱退したことで事実上の解散状態に。ビートルズの再来とも言われたバンドらしく、色々と問題も多かったのも事実。しかし1990年代のロックと言えばオアシスは欠かせません。当時は「ブラー派」と「オアシス派」に別れていましたが、日本ではオアシス人気の方が高かったですね。みんなウィンドブレイカー着てました。

予告編のBGMには他に「コロンビア」「シガレッツ&アルコール」がフィーチャーされているが、本編では「ロックンロール・スター」「リヴ・フォーエヴァー」「ワンダーウォール」「モーニング・グローリー」ほかバンドの軌跡を語る上で欠かすことの出来ない名曲が20曲以上使われているようなのでファンにはたまらないドキュメンタリーとなりそうです。

『オアシス:スーパーソニック』は、12月24日(土)、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。

Oasis Supersonic Poster 1

ⓒJill Furmanovksy

<スポンサーリンク>

Oasis_Supersonic_Poster-2.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です