『スーサイド・スクワッド』の最新あらすじが公開!

Suicide Squad

デヴィッド・エアー監督作『スーサイド・スクワッド』の最新あらすじが公開!こうしてコントロール不能の悪党集団が結成される!!

DC映画『スーサイド・スクワッド』の最新あらすじが公開されました。「命令に従うか、 死ぬか」の二者択一のミッションに参加するイカれた悪党集団の活躍に注目!

『スーサイド・スクワッド』の最新あらすじ

『スーサイド・スクワッド』は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に引き続く作品で、スーパーマンがいなくなりエイリアンの地球襲来に対してどう対応するのかに迫られた世界を舞台にしている。手段を問わない諜報部員のアマンダ・ウォラー(ヴィオラ・デイヴィス)は殺しのエキスパートで超人的なパワーを持った極悪人たちを結集することを決意。最初のターゲットを不思議な力にとりつかれた考古学者 ジュン・ムーン/エンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)に設定した。

ミッドウェイ・シティに正体不明の敵の脅威がせまるなか、ウォーラーの計画は実行される。彼女は囚人集団との間に密約を交わす。デッドショット(ウィル・スミス)は修正第2条(銃所持の権利)を獲得し、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)は厳重なケージから解放され、ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)は対炎独房の外に出て、ブーメラン(ジェイ・コートニー)とスリップノット(アダム・ビーチ)は再び特注の武器を握り、そしてキラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)は沼地から這い出してきた。

その条件はただひとつ。命令に従うか、死ぬか。この条件は部隊のリーダーであるリック・フラッグ(ジョエル・キナマン)とサムライのカタナ(カレン福原)によって厳格に運用される。そしてもちろん爆発物も用意された。ウェイン・カンパニーによって開発された物が彼らの首に仕込まれた。しかしタトゥーだらけのゴッサムの特大犯罪者ジョーカーが計画する破滅的ミッションにも感謝する存在がひとり、ハーレイ・クインだった。

参照:collider.com/suicide-squad-images-will-smith/

ということでやはりジョーカーとハーレイ・クインの常識知らずのバカップル誕生は本作の見どころとなること間違いなしです。

デヴィッド・エアー監督作『スーサイド・スクワッド』は全米では2016年8月5日に、日本では9月10日に公開予定。

この記事もチェック!
▶︎『スーサイド・スクワッド』から主要キャラクターのバストアップ写真が公開!
▶︎『スーサイド・スクワッド』のガイコツ作成ツールが公開!
▶︎マーゴット・ロビーとヴォーグによる「アメリカン・サイコ的」美のルーティーン動画が公開!

<スポンサーリンク>

Suicide-Squad.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です