第36回ラジー賞発表!2015年のクソ映画たちがここに決定!

2015年のクソ映画のなかクソ映画がついに決定!あの話題のエロ映画が圧巻の5部門制覇!!そしてあの大コケしたファンタスティックな映画も存在感を発揮しました。受賞作品には◯が付いています。

Razzie

最低作品賞

1456421632 1456159450 fantastic four fifty shades of grey

ファンタスティック・フォー

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

・ジュピター

・モール・コップ ラスベガスも俺が守る!

・ピクセル


最低主演男優賞

Fifty Shades of Grey 3

ジョニー・デップ『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』

◯ジェイミー・ドーナン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

ケヴィン・ジェームズ『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』

アダム・サンドラー『ピクセル』、『靴職人と魔法のミシン』

チャニング・テイタム『ジュピター』


最低主演女優賞

Fifty Shades of Grey 4

キャサリン・ハイグル『Home Sweet Hell』

ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

ミラ・キュニス『ジュピター』

ジェニファー・ロペス『The Boy Next Door』

グイネス・パルトロー『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』


最低助演男優賞

Jupiter ascending 2

チェビー・チェイス『Hot Tub Time Machine 2』、『お!バカんす家族』

ジョシュ・ガッド『ピクセル』、『The Wedding Ringer』

ケヴィン・ジェームズ『ピクセル』

ジェイソン・リー『Alvin and the Chipmunks: The Road Chip』

◯エディー・レッドメイン『ジュピター』


最低助演女優賞

◯ケイリー・クオコ『Alvin and the Chipmunks: The Road Chip』、『The Wedding Ringer』

ルーニー・マーラ『パン』

ミシェル・モナハン『ピクセル』

ジュリアン・ムーア『Seventh Son』

アマンダ・セイフィールド『Love the Coopers』、『パン』


最低監督賞

アンディ・フリックマン『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』

トム・シックス『The Human Centipede 3 (Final Sequence)』

サム・テイラー・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

◯ジョシュ・トランク『ファンタスティック・フォー』

ウォシャウスキー姉弟『ジュピター』


最低脚本賞

『ファンタスティック・フォー』

◯『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

『ジュピター』

『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』

『ピクセル』


最低プリクエル、リメイク、バクリ続編賞

『Alvin and the Chipmunks: The Road Chip』

◯『ファンタスティック・フォー』

『Hot Tub Time Machine 2』

『The Human Centipede 3 (Final Sequence)』

『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』


最低スクリーンコンボ賞

『ファンタスティック・フォー』の4人

ジョニー ・デップと糊つけのヒゲ『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』

◯ジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

ケヴィン・ジェームズとセグウェイもしくは糊つけのヒゲ『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』

アダム・サンドラーと彼の靴『靴職人と魔法のミシン』


ラジー・リディーマー賞(著しい改善が見られた人物に送られる賞)

シルベスター スタローン GG

エリザベス・バンクス

M・ナイト・シャマラン

ウィル・スミス

◯シルベスター・スタローン


<スポンサーリンク>

ということで『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が圧巻の作品賞および主演男優賞、女優賞に加えコンボ賞と脚本賞の5冠を達成しました。そして作品賞と監督賞、最悪リメイク賞の3冠に輝いたのがジョシュ・トランク監督作『ファンタスティック・フォー』です。

2015年のクソ映画は名実ともにこの2作ということで決定です。

そしてすでにスクリーンでは2016年のクソ映画も誕生しているようですので、今年もまたクソ映画と出会えると思うと胸が熱くなるというか胸焼けがします。そして明日にはアカデミー賞が発表。注目はラジー賞助演男優賞を受賞したエディー・レッドメインが、『リリーのすべて』で主演男優賞を受賞できるかという一点でしょう。この際、ディカプリオには我慢してもらい、エディー・レッドメインにアカデミー賞およびラジー賞の同時受賞してもらうとかどうでしょう。

ということでまた来年のラジー賞を期待しましょう。

razzie.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です