『ミッション・インポッシブル6』は前作から引き続きクリストファー・マッカリーが監督

Mcquarrie acepta mision imposible 5 con tom cruise scx9

トム・クルーズ主演『ミッション・インポッシブル6』の監督が決定。前作『ローグ・ネーション』の好評を受け、クリストファー・マッカリーが引き続き監督することに。監督続投はシリーズ初。

シリーズ初となる監督続投

一作ごとに監督を変えることでそれぞれの作品の個性を強める戦略を取ってきたトム・クルーズですが、その慣例はクリストファー・マッカリーによって破られることになりました。

ブライアン・デ・パルマ、ジョン・ウー、J・J・エイブラムス、ブラッド・バードとこれまでの『ミッション・インポッシブル』シリーズの歴代監督の名前はまさに綺羅星のようです。その面々と比べれば前作『ローグ・ネーション』に抜擢されたクリストファー・マッカリーは『アウトロー』で証明したトム・クルーズとの相性の良さを差し引いても、やはり歴代監督らには見劣りしていたのが率直な感想。

しかし『ローグ・ネーション』が公開されるや、そんなネームバリューは関係ないとばかりにシリーズ最高傑作とも謳われるほどに大成功を収めました。そして監督としては3度目となるトム・クルーズとのコンビは『ミッション・インポッシブル6』となることを監督自身がツイッターで明かしてくれました。

<スポンサーリンク>

任務:受諾

『ローグ・ネーション』成功以後クリストファー・マッカリーの続投は噂されていたのですが、本人がツイッターで続投要請を受け入れたことを強く示唆するメッセージを残したことで、ほぼ決まりという状況です。

これまで監督した作品は3作でうち2作がトム・クルーズ主演のクリストファー・マッカリー。また脚本家としては『オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『ワルキューレ』でもトム・クルーズ作品に参加しており、よほど相性がいいのでしょう。

今後のトム・クルーズ作品ではこのクリストファー・マッカリーとダグ・リーマンの活躍が目立ちそうです。

あとレベッカ・ファーガソンも引く続きチームに残ってもらいたいものです。

mcquarrie-acepta-mision-imposible-5-con-tom-cruise_scx9.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です