ジェイソン・ステイサムVS『プレデター』の夢の対決がスクリーン外で実現へ!

White

ジェイソン・ステイサム主演の巨大ザメ映画『メガロドン/Meg(原題)』の公開日が2018年3月2日に決定!シェーン・ブラック監督作『プレデター』と同日公開となり、スクリーンの外で夢の対決が実現!

一つの映画のなかでジェイソン・ステイサムと『プレデター』が戦うわけではなく、仁義なき興行戦争が実現するということです。

ワーナー・ブラザーズがスティーブ・オルテン原作パニックスリラー小説の映画化作品で、ジェイソン・ステイサムの主演が決定している『メガロドン/Meg(原題)』の公開日を2018年3月2日に設定したことが判明しました。これは20世紀フォックスが製作する『アイアンマン3』のシェーン・ブラック監督作『プレデター』と同じ公開日となり、スクリーンの外でも熱い戦いとなりそうです。

太古に生きた巨大ザメと人間との戦いを描く『メガロドン/Meg(原題)』は『アメイジング・スパイダーマン』『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のジェームズ・ヴァンダービルトがが脚本を執筆し、『クール・ランニング』『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブがメガホンをとる。

そしてややこしいですが『アイアンマン3』にもちょい役で出演していたファン・ビンビンの出演も決定

原作小説では主人公は古生物学者ということですが、ジェイソン・ステイサムが学者ということでしょうか。

内容(「BOOK」データベースより)
七千万年前―白亜紀後期。陸上では恐竜が跋扈し、海洋では体長30m、体重20tもの巨体を誇る、まさしく地球上最大にして最も凶悪な巨大ザメ“メガロドン”が帝王として君臨していた。そして現代―元深海探査艇の伝説的操縦士にして、現在は古生物学者であるテイラーは、温水帯でしか棲息できず、氷河期に絶滅したと思われていた巨大ザメが、いまだどこかの海で棲息している可能性があると発表。周囲の失笑を買うなか、再び深海に潜ったテイラーを待ちうけていたものは、今もなお生きつづける“メガロドン”の姿であった―。

引用:AMAZON

一方でシェーン・ブラックによる『プレデター』はアーノルド・シュワルツェネッガーの出演も噂される期待作。

2018年3月はこれまでになく熱くなりそうですが、どちらを先に見ればいいのか迷いますね。

追記:シェーン・ブラック監督作『プレデター』の公開日は2018年2月9日に変更になりました。

<スポンサーリンク>

 

ジェイソン・ステイサムとプレデターの近況をチェック!
▶︎新作『プレデター』の公開日が前倒しされ、『銃夢』実写化の公開日も決定!
▶︎ジェイソン・ステイサム主演作『メカニック2』の写真が初公開!
▶︎ジェイソン・ステイサム、『ワイルド・スピード8』への再登場を予告!
▶︎『アイアンマン3』監督による『プレデター』続編のポスターとタイトルが公開!
▶︎『プレデター vs ジャッジ・ドレッド vs エイリアン』の謎のクロスオーバーがアメコミで実現!

参照:www.comingsoon.net/movies/news/687173-shark-movie-meg

via-white.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です