【映画】日本未公開『Let’s Be Cops/レッツ・ビー・コップス』レビュー ※ネタバレあり

2015年一発目は爆笑警官バディー映画『Let’s Be Cops/レッツ・ビー・コップス』のレビューです。出演は『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』で揃って性格最悪警官を演じたジェイク・ジョンソンとデイモン・ウェイアンズ・Jr。何をやってもうまくいかない二人が、ひょんなことから警官のコスプレにハマってしまったことから巻き起こす大騒動。『21ジャンプストリート』が好きな方は腹筋崩壊必至の作品です。

Lets be cops

■ストーリー、前半■ ※ネタバレなし

ゲーム会社に勤めるも同僚からはバカにされてばかりのジャスティン(デイモン・ウェイアンズ・Jr)と、学生時代はアメフトの有名選手でありながらも現在はニートのライアン(ジェイク・ジョンソン)は親友同士。

ある夜、二人が乗るオンボロ車は大勢の人の前でエンストして動かなくなってしまう。周りから笑われる中、後ろから来た車にぶつけられ、文句を言おうとするも車からは怖そうな連中が降りてきて結局は引き下がるしかなかった。

ジャスティンはゲーム会社で認められようと独自の企画をプレゼンするも却下。ライアンは子供相手のアメフトで無双するもその子供たちからも煙たがれるようになる。何をやってもうまくいかない二人。

そんな空気を変えようと、ライアンは大学時代の同窓会にジャスティンを誘う。その同窓会は真夏なのにコスチューム・パーティーだということで、ジャスティンは訝しく思うも、彼がプレゼンで使用した警官のコスプレで参加することにする。しかし現場に行ってみるとそれはコスチューム・パーティーではなく仮面舞踏会だった。ここでも大恥をかき、同級生たちからも無職なことを馬鹿にされたジェイクとジャスティンは、その帰り道、ロスから田舎に戻ることを決意する。

傷心の帰り道、警官姿の二人は、道行く人々がいつもと違うように自分たちに接していることに気がつく。女の子たちはウィンクし、彼らが「止まれ!」と叫べば皆がそれに従った。

その状況に悪ノリする二人。そして街中で前に車を当て逃げされたマフィアらしき男たちを発見すると、二人は警官のふりをして彼らをからかい、追っ払う。近所の住民から喝采を浴びる。人から尊敬されたり、注目されることに飢えていた二人は、ニセ警官としてクラブで遊んだり、パトカー(e-bay)の中でマリファナを吸ったりと有頂天。

もちろん、やがて壮大なる勘違いから地獄がはじまることを、二人は知る由も無い。

■レビュー■

今年一発目の未公開映画紹介はジェイク・ジョンソンとデイモン・ウェイアンズ・Jrの主演による爆笑バディー・偽コップ映画『Let’s Be Cops/レッツ・ビー・コップス』です。

主演の二人は日本ではほとんど知られていませんが、ジェイク・ジョンソンは悪ノリ・コメディー映画の常連で最近ではゾーイ・デシャネル主演のシットコム『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』にも出演する今話題の俳優。そしてデイモン・ウェイアンズ・Jrはその名からわかるように『ラスト・ボーイスカウト』などに出演するデイモン・ウェイアンズの息子で、叔父には『最終絶叫計画』シリーズの監督を務めるキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズがいる、「ウェイアンズ一家」の一員というコメディ・サラブレッド。またこの手のバカ映画ではお馴染みとなりつつあるロブ・リグルがなぜか真面目な役で出演しているのも一周回って笑える。彼は『21 ジャンプストリート』で股間を撃ち抜かれたり、『ハングオーバー』では子供にスタンガンを撃たせまくるバカな役回りを演じることが多い。

 さて内容に関しては、一貫してバカ映画である。よくあるバディー映画であり、ブロマンス映画であり、ウィル・フェレル主演の『俺たち』シリーズや『21 ジャンプストリート』を意識している。こういった映画(下品でバカ)が好きな人にはお勧めできるが、別に新しい展開があるわけでもないので、とにかく頭を空っぽにして爆笑したい人向けである。

本作の見どころはやはり主演ふたりの掛け合いで、特にデイモン・ウェイアンズ・Jrのゲイっぽい挙動は、黒人俳優としてはかなり勇気のいる設定だが、それも難なく演じきっている。ジェイク・ジョンソンもバカだが憎めないキャラを確立している。

採点サイトなどでは散々な点数を叩き出しているが、ちゃんと笑いどころがあって、訳のわからない理由でデブが裸になり、ガンファイトもあって、最後はハッピーエンド。バカ映画はこれでいいじゃないか、と思う。

日本公開はないでしょうが、DVDで観る分には最高に笑えるコメディーだと思いますので、ぜひご覧ください。

<スポンサーリンク>

※次のページにストーリー後半のネタバレあり※

lets-be-cops.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です