レジェンダリー版キングコング『コング:スカル・アイランド』は1971年のデトロイトが舞台!

レジェンダリー版キングコング『コング:スカル・アイランド』は1971年のデトロイトが舞台、と出演者のJ.K.シモンズが明かす!

NewImage

監督に新人のジョーダン・ヴォクト=ロバーツを抜擢し、主演にトム・ヒドルストンを迎えるレジェンダリー版キングコング『コング:スカル・アイランド/KONG:SKULL ISLAND』が1971年のデトロイトを舞台となることを、出演者のJ.K.シモンズがインタビューで明かしました。

最初にこの話が来た時はすこし戸惑ったんだが、監督する予定のジョーダン・ヴォクト=ロバーツや脚本家のジョン・ゲティンや主演のトムと会ってみて興味を持ったんだ。ジョーダンは情熱的でスマートで、内容も新鮮だったし、何より自分が育った1971年のデトロイトを舞台とすることに惹かれたんだ。それに撮影は野球シーズンのデトロイトで行われる予定だから、タイガースの応援にも行けるしね。

本作『コング:スカル ・アイランド』は2017年3月の公開予定で、内容もベールに包まれていますが、今年のアカデミー賞では『セッション』で助演男優賞にノミネートされているJ.K.シモンズがちょっと口を滑らしてしまったようです。

マイケル・キートンの出演も噂される『コング:スカル・アイランド』は2005年のピーター・ジャクソン版とどのような違いを生み出すのか、そしてその後の『ゴジラ』との共演はあるのか、など興味は尽きません。

続報が入り次第お伝えします。

参照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です