ユアン・マクレガーがイエス・キリストを演じる『Last Days in the Desert』の予告編が公開

ユアン・マクレガーがイエス・キリストを演じる『ラスト・デイズ・イン・ザ・デザート(原題)/Last Days in the Desert』の予告編が公開。荒野を40日間彷徨った「荒野の誘惑」を描く。

NewImage10

『ラスト・デイズ・イン・ザ・デザート(原題)/Last Days in the Desert』予告編

ユアン・マクレガーがイエス・キリストを演じる『ラスト・デイズ・イン・ザ・デザート(原題)/Last Days in the Desert』では、聖書に登場する象徴的なエピソードのひとつ「荒野の誘惑」が描かれます。

監督は『パッセンジャーズ』(2008)や『アルバート氏の人生』(2011)のロドリゴ・ガルシア。そして撮影監督は『レヴェナント:蘇えりし者』で3度目のオスカーを受賞したエマニュエル・ルベツキということからも注目です。

自らを向き合うために断食状態のまま40日間荒野を彷徨ったイエス・キリストがそこで内なる悪魔の誘惑と戦う。

キリスト教において「40」という数字は象徴的で、何かを準備する時間を示す数字でもあります。モーセが約束の地を求めて彷徨った40年であり、そしてキリストが神的な存在へと変貌する前に経験した試練もまた40日でした。そして本作で描かれる物語がそのキリストの40日間に渡る試練「荒野の誘惑」であり、後の四旬節となります。

ジョシュ・ハートネット主演の禁欲コメディ『恋する40days』の「元ネタ」とも言えるのです。

つまりユアン・マクレガーがイエス・キリストを演じるということは同時に悪魔を演じることになり実質的にひとり二役です。『X-MEN:アポカリプス』でサイクロプスを演じるタイ・シェリダン。そして彼の父を演じるのがキーラン・ハインズで、母を演じるのは『天使と悪魔』のヴィットリア・ヴェトラ。

ユアン・マクレガー主演の『ラスト・デイズ・イン・ザ・デザート(原題)/Last Days in the Desert』は2016年5月13日に全米公開されます。

<スポンサーリンク>

Last days in the desert poster
NewImage10.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です