カンヌ映画祭主演男優賞受賞作『ティエリー・トグルドーの憂鬱』の日本語予告編が公開!

ビジュアル

2015年カンヌ国際映画祭にてヴァンサン・ランドンが主演男優賞を受賞した『ティエリー・トグルドーの憂鬱』の日本語予告編が公開!『母の身終い』の監督ステファヌ・ブリゼが描く社会派ドラマ

『愛されるために、ここにいる』『母の身終い』で知られるステファヌ・ブリゼ監督最新作『ティエリー・トグルドーの憂鬱』の日本公開が2016年8月27日に決定し、日本語版予告編が解禁となりました。

妻と障害を抱える息子と過ごす時間に唯一の心の安らぎを感じるティエリーだったが、職を失い、貯金も無く、家を売らなければならない状況まで追い込まれてしまう。どうにかスーパーの監視員の仕事に就くことができたのだが、従業員の不正も見張らなければならず、告発した女性が自殺してしまう。

「穏やかに生きたいだけなんだ」と叫ぶティエリーだが、容赦のない現実から逃れる術はどこにもない。

犯罪に手を染め出所したばかりの男と、病におかされ尊厳死を選ぼうとする母親の確執と修復を描いた『母の身終い』でも印象的な演技を見せたヴァンサン・ランドンがカンヌ映画祭主演男優賞を受賞した本作では、過酷な現実のために身を落としてゆく中年男を演じる。

重たいテーマの社会派ドラマでありながら本国フランスでは観客動員数100万人を記録するなど、話題の作品。

『ティエリー・トグルドーの憂鬱』は8月27日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

この記事もチェック!
▶︎『王の運命 -歴史を変えた八日間-』衝撃の「米びつ」本編映像公開!
▶︎万能死体との友情物語?『スイス・アーミー・マン(原題)/Swiss Army Man』の不謹慎で楽しいMVが公開!
▶︎ニコラス・スパークス原作映画『きみがくれた物語』の日本語版予告編が公開!

<スポンサーリンク>

21efd67cef8c0621b0ecbead0f466145.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です