アニメ『Kubo and the Two Strings』最新予告編「日本の神話をモチーフにした冒険譚」

マシュー・マコノヒーやシャーリーズ・セロンなど豪華声優陣で話題のアニメ『Kubo and the Two Strings』の最新予告編が公開されました。太古の日本を舞台に、猿とカブトムシをお供に旅に出る少年の冒険譚。

881378 770

『Kubo and the Two Strings』最新予告編

ストップモーション・アニメーションを専門に製作するライカ最新作『Kubo and the Two Strings』は太古の日本を舞台にした大冒険活劇となりそうです。

特別な力を持つ一族に生まれた少年「クボ」の大冒険。彼に力を貸すのが、シャーリーズ・セロンが声を演じる猿と、マシュー・マコノヒーが声を演じるカブトムシの戦士。

『Kubo and the Two Strings』のあらすじ

ライカスタジオがお送りする幻想的な日本を舞台にした冒険絵巻の誕生。聡明で心優しいクボ(アート・パーキンソン)は海辺の町で吟遊詩人として慎ましい生活を送っていた。しかし彼が不意にも敵討ちを求める祖先の霊を召喚してしまったことで、静かな生活は終わり、戦いの旅にでることになる。クボは猿(シャーリーズ・セロン)とカブトムシ(マシュー・マコノヒー)を旅のお供とし、家族のため、そして世界で最も偉大な侍だったクボの父親の死の真相のために、血湧き肉躍る冒険へと旅立っていく。魔法の楽器である「三味線」を携え、 出世の秘密を知るため、家族の結束のため、そして英雄としての務めを果たすために、執念深き月王(ムーン・キング/レイフ・ファインズ)や悪の双子姉妹(ルーニー・マーラ)たちと戦い繰り広げるのだった。

シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、アート・パーキンソン、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズといった声優陣の他にも、ジョージ・タケイやケイリー=ヒロユキ・タガワといった日系俳優たちも参加しています。

『Kubo and the Two Strings』は2016年8月19日に全米公開です。

日本が舞台のアニメ『Kubo and the Two Strings』の最新予告編

ライカ誕生10周年記念、最新ストップモーション・アニメの裏側

ライカアニメ『ボックストロール/The Boxtrolls(原題)』レビュー

<スポンサーリンク>

NewImage NewImage NewImage
881378_770.jpg
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です