『ジュラシック・ワールド』に登場する遺伝子組み換え恐竜、インドミヌス・レックスの玩具イメージが公開!

シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』にインドミヌス・レックスの玩具イメージが公開!遺伝子組み換えによって人工的に生み出された最凶恐竜。

NewImage

シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』に登場する謎の新型恐竜の全貌が玩具のイメージとして初公開されました。その恐竜の名は「インドミヌス・レックス/Indominus Rex」と言い、遺伝子組換えによって人間の手で作り出された最凶恐竜だと噂されています。

▼「インドミヌス・レックス/Indominus Rex」のイメージ▼

NewImage NewImage

インドミヌス・レックスに関する公式情報は以下の通り。

インドミヌス・レックスは「ジュラシック・ワールド」史上最凶の恐竜として我々の手によって生み出された新種の恐竜である。ハモンド・クリエーション研究所の遺伝子専門家らがとうとうやり遂げたのだ。一見するとそれはTレックスにそっくりだが、特徴的な頭部の形や頑丈で骨ばった皮骨板はオベリオサウルスなどで知られる獣脚類の特徴を引き継いでいる。そして角は眼窩上部に位置し、カルノタウルスやマジュンガサウルス、ルゴプス、ギガノトサウルスなどの DNAのハイブリットである。
インドミヌスの咆哮は140-160dbでこれはボーイング747の離着陸音と同等であり、時速30マイルにも達する。そしてこのインドミヌスは我々の管理下で生活している。
ぜひ、インドミヌス・レックスをこの夏のはじめにご自身の目でご覧になってください。あなたがもし望まれるのなら。

太ももに刻印されたマークや、手術痕など恐竜版フランケンシュタインを思わせる姿。きっと生命を弄ぶバカ科学者たちはこいつに喰われることになるのでしょう。

シリーズ第四弾となる『ジュラシック・ワールド』の全米公開は2015年6月12日で日本公開は8月7日を予定しています。

参照記事:EW

<スポンサーリンク>

 

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です