ジャレッド・レト、伝記映画でアンディ・ウォーホルを演じる!

White 1 2

ジャレッド・レトがアンディ・ウォーホルの伝記映画に主演か!? マイケル・デ・ルカとの共同プロデュースでポップアートの旗手をジャレッド・レトが演じる!?

絵画だけでなく映画制作者としても個性を貫いたポップアーティストのアンディ・ウォーホルの伝記映画が製作される見通しで、主演のアンディ・ウォーホル役は『スーサイド・スクワッド』ではジョーカーを演じたジャレッド・レトに決定したとTHRが報じました。

またジェレッド・レト本人も、『ソーシャル・ネットワーク』や『マネーボール』のマイケル・デ・ルカや『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』のテレンス・ウィンターらとともに製作に加わる予定。タイトルはずばり『ウォーホル(原題)/Warhol』となる予定で、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の脚本家でもあるテレンス・ウィンターが、1989年のヴィクトール・ボクリス著『Warhol: The Biography』をベースに脚色する予定。

アンディ・ウォーホルは1960年代には自身のアトリエに集まってくる奇人変人らを映画俳優に見立てて、数多くのカルト映画を製作したことでも知られる。『悪魔のはらわた』の監修をしていたりもする。

ちなみに『メン・イン・ブラック3』に登場するアンディ・ウォーホルを演じたのはコメディアンのビル・ヘイダーでした。

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』でのオスカー演技や、新「ジョーカー」役、そして『ブレードランナー』続編への出演など個性的な役柄に挑むジャレッド・レトのアンディ・ウォーホルも是非とも見たいですね。

まだこの映画化企画そのものはスタジオも決定していないが、ジャレッド・レトが重要人物として関わっていることは確か。続報に期待しましょう。

<スポンサーリンク>

【この記事もチェック!】
▶︎新ジョーカーのジャレッド・レトが『ブレードランナー』に「鍵を握る」役で出演決定!
▶︎フュリオサの過去を描く『マッドマックス/怒りのデス・ロード』の前日譚が既に始動中!?
▶︎DC映画『ジャスティス・リーグ』に登場するバットスーツの画像が公開!

white-1-2.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です