3部作とされていた『ヒックとドラゴン』に4作目の可能性が浮上!?

2014年6月13日に全米公開される『ヒックとドラゴン2』は3作で終わりではなく、そのさらに続編である第4作まで作られることになるかもしれません。

NewImage

関連記事:『ヒックとドラゴン2』のレビュー ※ネタバレあり
関連記事:『ヒックとドラゴン2』の最新情報

ドリームワークスによる2010年公開のアニメーション映画『ヒックとドラゴン』は同時期公開された『トイストーリー3』に興行的には及ばずとも、非常に高く評価されたことを受け、3部作での続編製作が決定していました。そして2014年6月13日に全米公開されるのが、3部作の第2作目ということになるのですが、ここきてこの三部作構想そのものを破棄して、第4作まで作られる可能性が出てきました。

▼『ヒックとドラゴン2』予告編▼

ある関係者がプレミア上映されたカンヌ映画祭で監督のディーン・デュボアと交わした会話のなかで、4作目への言及があったというのです。3部作では収めきれないほどのアイデアがあるということなのだろうか。

『ヒックとドラゴン2』の公開が近づき(全米や日本を除いた世界)、プレミア上映されたカンヌで大絶賛されたことを受けての会話だと思うので、どこまで本当のことなのか不明ですが、ファンには嬉しいことです。

そして『ヒックとドラゴン2』の日本公開に関しては現在(2014年6月5日)の情報では8月1日を予定しているようですが、一向にオフィシャルの情報が更新されずに日程変更される可能性もあります。重複となるますが世界で5億ドル近くを売り上げた大ヒット映画の続編で、カンヌ映画祭では大絶賛された作品が世界公開をすぐに控えて日本ではまだ情報が更新されないと言うのは、どういうことなのでしょう。もしかすると『アナと雪の女王』のように世界公開最後の砦として日本を考えてるいるのならこれほど迷惑な話はないです。

なお公開が近づきドリームワークスのYouTube公式ページでは最新映像が続々と公開されていますのでチェックしましょう。そしてとにかく首を長くして待ちましょう。(『ヒックとドラゴン2』の最新鋭像がここから

追記(2014年7月15日):本作の日本公開は未だに公式で発表がなく、このままDVDスルーになる可能性が高くなりつつあります。この事態に有志で<HTTYD2劇場公開を求める会>を立ち上げられた方がネット上で署名活動をされています。劇場公開を希望される方は是非、下記のリンクより賛同の声をあげてください。

リンク先:『How To Train Your Dragon 2』の日本での劇場公開を求めます

 

<スポンサーリンク>

参照記事:COLLIDER

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です