『アベンジャーズ』のホークアイがスーパーヒーローの悲哀を熱唱!

『アベンジャーズ』でホークアイを演じるジェレミー・レナーが、強烈な個性のスーパーヒーローたちに囲まれるホークアイの悲哀をエド・シーランの曲に乗せて熱唱!

スクリーンショット 2015 04 30 9 26 04

弓の達人として『アベンジャーズ』の一員でありながらも、他のスーパーヒーローたちのぶっ飛んだ個性と比べると大人しく見えてしまうホークアイ。しかしそんな彼にも言い分があって、その想いの丈をホークアイ演じるジェレミー・レナーがピアノで弾き語り。原曲はエド・シーランの『Thinking Out Loud』です。簡単な対訳もつけておきます。

ハルクとソーと同じチームを組んで、映画のスクリーンに現れる

俺はそのなかでタフじゃないように見えるかい?

そもそも俺に気づいているかい?

でも、言わせてくれ。確かに奴らはすげーよ、でも俺だった強いんだぜ

俺はただのアーチェリー野郎なんかじゃないんだ

俺はシリアスな男だ

スカーフとベレー帽のコレクションがあるし、スカバンドではトロンボーン担当さ

女の子ともいい感じさ、出会い系サイトだけど

俺の猫だってインスタグラムにあげてるだろ

言っとくけど、マリオカートでは最強なんだ

それに『モール・コップ』にだってエキストラで出演したし、ピクルスの瓶だって開けられる

そうさ、おれはイカしたホークアイなんだ

奴らと同じくらいスーパーなんだよ、だぶん

そりゃあ、まだ童貞さ

でも6杯のビールを飲んだ後でもボウリングのスコアは70は切らないぜ

ああ、キャップが強いのは知ってるし、ハルクだって巨人になれるさ

でもおれはそんな連中に囲まれても7番目には強いんだぜ

そしてジャン・クロード・バンダムに無意識に電話したことだってあるんだ

メキシコ料理レストランではいつだってディップをタダでもらってる

俺がちょっかいだしてる店員は俺のことをロックだって言ってるぜ

そして俺の靴下は防水仕様なんだ

そうさ、おれはイカしたホークアイ

奴らと同じくらいスーパーなんだよ、だぶん

という感じです。知らなかったですが、ホークアイは童貞だったようです。でもマリオカートでは最強らしいんで尊敬には値しますね。

それにしてもジェレミー・レナーは芸達者です。これは爆笑もんです。

<スポンサーリンク>

参照記事;COLLIDER

f927943e6ad72c63881ded6314c69afd.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です