女性版『ゴーストバスターズ』リブートのキャストが判明!2016年7月全米公開!

ポール・フェイグ監督による『ゴーストバスターズ』の女性版リブート作の交渉中キャストが判明!全米公開も2016年7月に決定!

NewImage

長く続編の製作が噂されていた『ゴーストバスターズ』シリーズが女性版キャストでリブートされることが決定し、この度キャスト陣としてポール・フェイグ監督作ではおなじみのマリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグ、そしてレズリー・ジョーンズ、ケイト・マッキノンと交渉中であることが判明した。オリジナル同様に 皆が映画やテレビで活躍するコメディアンヌ。

脚本は『デンジャラス・バディ』でポール・フェイグ監督と組んだケイティ・ディポルドが担当。

これらはまだ公式の発表ではないものの、ポール・フェイグ監督がツイートしたことからも信憑性はかなり高い。

スクリーンショット 2015 01 28 10 54 31

また製作のソニーはオリジナルの主役ビル・マーレイにも出演依頼をしているという。

これまで噂ばかりで一向に進行してこなかったこの企画も、ここへきて一気に進んでおり、2016年7月に全米公開予定であることも発表された。

照記事:COLLIDER

<スポンサーリンク>

NewImage.png
おすすめ記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です